【ダイジェスト】旧村上ファンド系が住友大阪セメント株5.08%を取得

alt
Image by Gerd Altmann from Pixabay

2022年4月19日に提出された大量保有報告書のうち、注目銘柄をピックアップしました。

■本日のトピックス

住友大阪セメント<5232>

旧村上ファンド系投資会社のシティインデックスイレブンス(東京都渋谷区)が19日付で提出した大量保有報告書によると、住友大阪セメント<5232>の株式5.08%を61億円で新規取得した。

保有目的は「投資及び状況に応じて経営陣への助言、重要提案行為等を行うこと」としている。

シティインデックスイレブンスは15日にもクレディセゾン<8253>株式5.06%を116億512万円で取得したことを大量保有報告書で公開している。また取得株式はすべて市場内による買い付けであることがわかった。

シティインデックスイレブンスの大量保有速報(一覧)はこちら

シティインデックスイレブンスの大量保有データベース(一覧)はこちら

本日の注目銘柄

・セールスフォース・インクがサークレイス<5029>を新規取得(7.80%)

スパークスがFast Fitness Japan<7092>を新規取得(5.21%)

一瀬邦夫氏がペッパーフードサービス<3053>を6.60%保有減(9.16%)

本日の大量保有速報記事(一覧)はこちら

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「M&Aにおける従業員重視経営の罠」|編集部おすすめの1冊

「M&Aにおける従業員重視経営の罠」|編集部おすすめの1冊

2021/06/28

M&Aを通じてプレーヤーが減れば、業界内の競争を緩和する効果が考えられる。ところが、1990年代前半のセメント業界では激しい価格競争が生じた。M&Aで期待される過当競争の解決や収益性の改善をもたらす「暗黙の共謀」が実現しなかった理由とは?