M&A速報

日清紡<3105>、韓国子会社の焼結製品事業を現地社に譲渡

2008/06/18

日清紡は、自動車用摩擦材を主力製品とする韓国子会社のSAERON AUTOMOTIVE CORPORATION(天安市)とその子会社で中国の賽龍(北京)汽車部件有限公司(北京市)が手がける焼結製品事業を売却することを決定した。

譲渡先は韓国漢拏(ハルラ)とカナダStackpoleとの合弁会社として2008年に設立された韓国HSCとその子会社の中国HSC(仮称)。

SAERON AUTOMOTIVEと賽龍(北京)汽車部件はいずれも自動車用摩擦材を主力商品としており、焼結製品(金属の粉末を焼き固めて成型した製品)事業を切り離した後は、ブレーキ事業に特化する。

焼結製品事業の直近売上高は、SAERON AUTOMOTIVEが約37億5000万円、賽龍(北京)汽車部件が約4億9600万円。

譲渡価額は約16億8000万円。譲渡予定日は2008年8月31日。

M&Aデータベース

関連の記事

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

【大王製紙】「家庭紙の雄」が突如としてM&Aに乗り出した理由

2020/03/12

家庭紙国内最大手の大王製紙が、M&Aに「本腰」を入れている。同社は長らくM&Aとは一線を画してきた。ところが2017年2月に日清紡HDの家庭紙事業を買収して以来、立て続けに5件のM&Aが成立している。大王製紙はM&Aで何を目指しているのか?

曙ブレーキ工業の新社長に就任する「宮地康弘」って、どんな人?

曙ブレーキ工業の新社長に就任する「宮地康弘」って、どんな人?

2019/09/02

経営再建中の曙ブレーキ工業は信元久隆社長兼会長が退任し2019年9月27日に開く臨時株主総会で新社長に宮地康弘氏を迎え入れる。宮地氏は1957年5月17日生まれの62歳で、1981年に自動車機器に入社して以来、ブレーキ畑を歩んできた人材だ。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5