日清紡ホールディングスは、ルクセンブルクの自動車ブレーキ用摩擦材メーカーTMD Friction Group S.A.(売上高約668億円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は約462億円。取得は2011年11月末を予定している。

日清紡HDは現在の円高を海外投資拡大の機会と考え、新興国拠点への投資や海外のM&Aを進めている。現在、ブレーキ事業では国内のほか、北米、中国、韓国、タイ、インドに生産拠点を持つ。新車の組み付け用部品のシェアでは日清紡は日系や韓国系メーカーに、TMD Frictionは欧州系メーカーに強みがあり補完性が高いと判断した。同社買収により、自動車ブレーキ用摩擦材の世界市場で約15%のシェアを獲得し世界第一位のメーカーとなる。

追記事項

2011-11-30

取得価額は約460億円。取得日は2011年11月29日。