【ダイジェスト】6月14日 本日の気になる大量保有報告書

alt

2022年6月14日に提出された大量保有報告書のうち、注目銘柄をピックアップしました。明日の投資にお役立てください。

■注目銘柄 その1 フューチャーベンチャーキャピタル

金武偉(キム・ムイ)氏がフューチャーベンチャーキャピタル<8462>について6月14日付で財務局に大量保有報告書(5%ルール報告書)を新規提出した。保有割合は9.97%。

保有目的は「発行者の企業価値の向上を目指し、経営陣への提言及び重要提案行為等(取締役の選任にかかる株主提案権の行使を含む)を行う」としている。

金武偉氏はゴールドマン・サックス証券出身。2018年にインパクト投資会社のミッション・キャピタルを創業。2020年にアクティビスト投資会社のマンティス・アクティビスト投資1号を設立した。兄はコンサルタントのムーギー・キム氏。

フューチャーベンチャーキャピタルの大量保有速報(一覧)はこちら
https://maonline.jp/db/shareholding_reports

■注目銘柄 その2 ANYCOLOR

木下 慶彦氏がANYCOLOR<5032>について6月14日付で財務局に大量保有報告書(5%ルール報告書)を新規提出した。保有割合は7.03%。保有目的は「純投資」としている。

木下慶彦氏は独立系ベンチャーキャピタルのスカイランドベンチャーズを2012年に創業、当時国内最年少の26歳でVC(ベンチャーキャピタル)を立ち上げた。同社はこれまでに120社を超えるシードスタートアップへ投資を行っている。

投資先のANYCOLORは、VTuber(バーチャルライバー)が所属する「にじさんじプロジェクト」を展開しているエンタメ系スタートアップ。今年6月8日に東証グロースに株式上場し、注目を集めている。

本日の大量保有速報記事(一覧)はこちら
https://maonline.jp/kabuhoyu

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

もの言う株主からファンドの運用手数料に依存していると批判されたFVCとは

もの言う株主からファンドの運用手数料に依存していると批判されたFVCとは

2022-05-08

アクティビストファンドとベンチャーキャピタルが激しくやりあっています。マンティス・アクティビスト投資1号の代表・金武偉氏がFVCに対して株主提案を行いました。FVCは運用するファンドの数が多く、運用手数料に依存していることを問題視されています。