「武田薬品M&A戦略 失敗の検証」|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。

「武田薬品M&A戦略 失敗の検証」 原 雄次郎著、さくら舎刊

武田薬品工業は日本を代表する製薬メーカー。今や売上高で世界トップ10に入る。原動力となったのは数度の大型海外M&A。しかし、その挙句、240年の歴史を持つ武田の経営は外国人の手に落ち、「薬を作る会社」ではない、「薬を道具にカネを動かす会社」に成り果てた、と著者は断じる。

武田薬品M&A戦略失敗の検証

武田がM&A路線にかじを切ったのは長谷川閑史社長時代。創業家出身の武田國男社長が後継に指名した長谷川氏はグローバル化の急先鋒として知られた。

2008年に米バイオ医薬品大手ミレニアム・ファーマシューティカルズを約8900億円、11年にはスイスのジェネリック(後発)医薬品大手ナイコメッドを約1兆1800億円で買収した。武田は日本一の製薬会社とはいえ、世界トップ10の背中はまだ遠かった。その長谷川氏は武田初の外国人社長のクリストフ・ウェバー氏に未来を託した。

ハイライトが訪れたのは2019年1月。今度はアイルランド製薬大手のシャイアーを約6兆2000億円を投じて買収したのだ。日本企業として過去最大のM&Aを主導したのはウェバー社長にほかならない。

シャイアー買収について成否を結論づけるのはまだ早計といえる。しかし、一連の買収でかつて無借金経営だった武田は4兆円を超える有利子負債を背負う。経営陣は外国人中心の体制となり、外国製「タケダ」に変わり果てたというのだ。実際、研究本部は米ボストン、製造の指令塔はチューリッヒ(スイス)に移り、日本の空洞化が進んでいるという。

巨額債務の圧縮のため、資産を次々に切り売りしている。「アリナミン」「ベンザ」で知られる大衆薬事業を米投資ファンドに売却し、大阪本社も手放した。そして、何よりも優秀な研究者が多数流出し、新薬開発力の低下を招いていることを憂慮する。

著者は武田OB。「タケダの将来を憂う会」代表を務める。(2022年7月発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

事業売却を進めていた「武田薬品」が一転 企業買収を加速

2022-01-12

アイルランドの製薬会社シャイアーの買収で膨らんだ借入金の返済のために非中核事業の売却を進めてきた武田薬品工業が、中核事業と位置付ける、がん領域で企業買収を加速している。

関連のM&A速報