増補改訂版「起業のエクイティ・ファイナンス」|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。

起業のエクイティ・ファイナンス 増補改訂版 - スタートアップを成長させる「インセンティブ」の設計図 磯崎 哲也著、ダイヤモンド社刊

本書は、2014年刊行の初版「起業のエクイティ・ファイナンス - 経済革命のための株式と契約」を8年ぶりに全面改訂し、「インセンティブ設計としてのエクイティ・ファイナンス」という観点から図表を含み大半を書き直した。

筆者が今回「インセンティブ設計」を全面に打ち出したのは、スタートアップが成長するための最も重要な要素は「優秀な人を引き込む」ことであり、そのためには「インセンティブ設計」に配慮すべきだという考え方が根底にある。

本書は「劇的に変化する日本のスタートアップ生態系」「創業時から考えるべき資本政策の注意点」「シード段階の投資実務」「優先株式を使った投資実務」「投資の契約実務」「リストリクテッド・ストック」「スピンオフ、MBOを成功させる」「議決権の異なる株式を用いる dual class」、「日本のベンチャー投資ストラクチャー」「スタートアップの未来ビジョン」の全10章で構成。前作同様に、M&Aの章立てはないものの、全般的にM&Aに関する記述が散りばめられ、本書のターゲット層であるスタートアップに関心がある人はもちろん、M&A業務に携わる人にもお薦めの1冊だ。

事業承継型M&Aの売り手である親族経営が主な中小企業では、株主分散のリスクを防止する制度設計を意識する企業が多い。

一方で本書では、いわゆるExit(出口戦略)を「M&AでもIPOでも」という考え方に基づく制度設計のアドバイスを行っている。これが従来型のM&A解説本と大きく異なる点で、事業承継型M&Aの仲介業務に長年携わる者ほど参考になるだろう。

増補改訂版「起業のエクイティ・ファイナンス」

姉妹書に「起業のファイナンス 増補改訂版」(2015年1月発売)がある。こちらは起業を志す者はもちろんのこと、ベンチャー関係者のバイブルとしても知られた1冊。本書と合わせて読むことで、ベンチャーファイナンスや企業価値に関する理解がより深まるだろう。(2022年7月5日発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「スタートアップワールドカップ」空飛ぶ車のSkyDriveが日本代表に

「スタートアップワールドカップ」空飛ぶ車のSkyDriveが日本代表に

2022/07/24

「スタートアップワールドカップ2022」の日本予選で、空飛ぶ車を手がけるSkyDrive(愛知県豊田市)が優勝し、2022年9月に米サンフランシスコで開催される決勝大会に日本代表として出場することになった。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5