おすすめ本の記事一覧

「なぜ、おばちゃん社長は価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか」|編集部おすすめの1冊

「なぜ、おばちゃん社長は価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか」|編集部おすすめの1冊

企業価値ゼロの会社を引き継いだ著者が、わずか10年で大手ベアリング会社などに同社を103億円で売却するまでに価値を高めた手法や、心がまえ、ノウハウなどがぎっしりと詰め込まれている。

記事を読む
 ゼロから年商10億円企業を創る|編集部おすすめの1冊

ゼロから年商10億円企業を創る|編集部おすすめの1冊

年商1億円までを「幼少期」のステージ1、年商5億円までを「青年期」のステージ2、年商10億円までを「成人期」のステージ3とし、会社もステージに応じ経営戦略を変えなくてはいけないというのが著者の主張。短期的に事業を成長させたい経営者は必読だ。

記事を読む
「銀行主導にさせない事業承継のススメ」|編集部おすすめの1冊

「銀行主導にさせない事業承継のススメ」|編集部おすすめの1冊

「融資を受けて事業承継するしかない」と思い込んでいる社長に、セカンドオピニオンを提供し、銀行が提案する方法が唯一ではなく、他にも方法があることを示すのが本書の目的だ。事業承継手法の解説書ではなく、小説のような雰囲気を持つ。

記事を読む
「M&A失敗の本質」|編集部おすすめの1冊

「M&A失敗の本質」|編集部おすすめの1冊

M&Aの成功確率は洋の東西を問わず、3割程度という。日本企業でもM&Aが成長戦略の手段として定着して久しいが、7割は失敗に終わっているということになる。日本企業のM&Aは何をどう間違っているのか。その真因を解き明かし、課題解決への道筋を示す一冊。

記事を読む
2021年1月から3月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2021年1月から3月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2021年も引き続きM&A関連本の発刊が相次いでいます。1月から3月の間だけで30冊近くの書籍やM&Aの特集記事を組んだ雑誌が発売されました。

記事を読む
「社長、会社を誰に、どう継がせますか?」|編集部おすすめの1冊

「社長、会社を誰に、どう継がせますか?」|編集部おすすめの1冊

青雲の志で事業を立ち上げ、艱難辛苦の末にビジネスを軌道に乗せ、多くの信頼できる取引先を得て業績も安定。「これで、やっと肩の荷を降ろせる」と、ほっと一息ついた時に事業承継はやって来る。中小企業の社長が頭を痛める事業承継の分かりやすい解説書だ。

記事を読む
「M&A保険入門」|編集部おすすめの1冊

「M&A保険入門」|編集部おすすめの1冊

本書はM&Aアドバイザーや表明保証保険を検討している企業の担当者、表明保証保険業務に携わる保険会社の担当者らが、表明保証保険の基礎知識が得られるように分かりやすくまとめられた入門書で、78のQ&Aで構成されている。

記事を読む
「再建の神様」|編集部おすすめの1冊

「再建の神様」|編集部おすすめの1冊

今回取り上げるのは江上剛著「再建の神様」(PHP研究所感刊)。物語の舞台は倒産の危機に瀕する会津の温泉旅館。銀行員生活に挫折した春木種生は東北新幹線の車中で、再建請負人を名乗る渋沢栄二と偶然出会う。

記事を読む
「人事の超プロが本音で明かす アフターコロナの年収基準」|編集部おすすめの1冊

「人事の超プロが本音で明かす アフターコロナの年収基準」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部がおすすめする1冊は「人事の超プロが本音で明かす アフターコロナの年収基準」(西尾 太著、アルファポリス刊)。コロナ後を見据え、ビジネスピープルは何を基準に自分の市場価値を見極めて働き、ビジネスに取り組めばよいか。

記事を読む
「経営者こそ投資家である」|編集部おすすめの1冊

「経営者こそ投資家である」|編集部おすすめの1冊

コロナ・ショック後の企業価値をどう向上していくかというテーマの下、フリーキャッシュフローの創出や投資の判断、株主への還元、資金調達などについて、具体的な事例を紹介しつつ分かりやすく解説している。

記事を読む
「Exit(イグジット)」|編集部おすすめの1冊

「Exit(イグジット)」|編集部おすすめの1冊

超金融緩和政策に危機感を持つ日銀OBが、日銀と政府の経済政策を批判し、新たな提言を打ち上げる。こうした行為をクーデターと呼び、クーデターに協力する者、クーデターを抑えようとする者たちの攻防を描いた。

記事を読む
「〔新版〕野蛮な来訪者 RJRナビスコの陥落」|編集部おすすめの1冊

「〔新版〕野蛮な来訪者 RJRナビスコの陥落」|編集部おすすめの1冊

今回取り上げるのは「〔新版〕野蛮な来訪者 RJRナビスコの陥落」。1980年代後半、米国ではLBO(レバレッジド・バイアウト)の一大ブームが巻き起こった。その頂点に達したのがRJRナビスコを舞台とする歴史的な買収合戦だ。

記事を読む
「アイアンハート」(折口雅博)|編集部おすすめの1冊

「アイアンハート」(折口雅博)|編集部おすすめの1冊

防衛大学校を卒業後、巨大ディスコ「ジュリアナ東京」や「ヴェルファーレ」を成功させ、介護会社コムスンを含む総合人材サービスのグッドウィル・グループを設立し、年商7700億円の巨大企業に育て上げた著者の「自伝」兼「経営論」兼「教育論」である。

記事を読む
「アクティビスト 取締役会の野蛮な侵入者」|編集部おすすめの1冊

「アクティビスト 取締役会の野蛮な侵入者」|編集部おすすめの1冊

米国や欧州でビジネスと投資関連の取材をしてきた米国のジャーナリストが、多くの関係者にインタビューを行い、アクティビスト(物言う株主)と企業との熾烈な攻防戦に光を当てたのが本書。

記事を読む
M&A Online編著「M&A年鑑2021」がダイヤモンド社から発売

M&A Online編著「M&A年鑑2021」がダイヤモンド社から発売

M&A Online編著によるデータブック「M&A年鑑2021」(ダイヤモンド社刊)が29日発売される。2020年の上場企業による約850件に上る全M&A(適時開示ベース)を網羅し、様々な角度から解説。​ムック形式で182ページ。1760円(税込み)。

記事を読む
「ロッキード」|編集部おすすめの1冊

「ロッキード」|編集部おすすめの1冊

ロッキード事件と聞いても、今ではぴんと来ない人の方が多いかもしれない。総理大臣経験者の逮捕に発展した歴史的な大事件が起きたのは1976年で、すでに半世紀近くが経過する。経済小説の第一人者、真山仁さんが初の本格的ノンフィクションとして挑んだ。

記事を読む
ザ・粉飾 暗闘オリンパス事件|編集部おすすめの1冊

ザ・粉飾 暗闘オリンパス事件|編集部おすすめの1冊

2011年に発覚したオリンパスの巨額粉飾決算事件の顛末を描くノンフィクション作品だ。これはフリージャーナリストの著者が内部通報者から情報を得て第1報を書き、その後の報道合戦やオリンパス広報との攻防を描いた「報道ノンフィクション」である。

記事を読む
まんが図解 倒産のすべて|編集部おすすめの1冊

まんが図解 倒産のすべて|編集部おすすめの1冊

有名企業が倒産に至った経緯をまとめたのが本書。信用調査会社である帝国データバンクがまとめた。タイトルに「まんが図解」が入っているが、まんがの部分は少なく、いわゆる漫画本とは趣を異にする。

記事を読む
「ドキュメント 日銀漂流」|編集部おすすめの1冊

「ドキュメント 日銀漂流」|編集部おすすめの1冊

今回紹介するのは「ドキュメント 日銀漂流 試練と苦悩の四半世紀」(西野智彦著、岩波書店刊)。日銀法改正を起点に、ゼロ金利、量的緩和、リーマン・ショック、異次元緩和、コロナ・ショック、安倍晋三首相退陣、菅義偉首相発足までの25年間が再現される。

記事を読む
【2020年】今年発売されたM&A関連本をすべて紹介します!

【2020年】今年発売されたM&A関連本をすべて紹介します!

今年(2020年)発売されたM&A関連や事業承継をテーマにした本をすべて紹介します。

記事を読む
ASEAN M&A時代の幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く

ASEAN M&A時代の幕開け-中堅・中小企業の成長戦略を描く

「海外企業の買収は難しい」と言われるが、ASEANの企業経営者のメンタリティーは意外にも日本人そっくり。しかも日本同様に後継者問題に悩んでいる中小企業も少なくない。日本企業にとって「買い」。ASEAN企業とのクロスボーダーM&Aの指南書だ。

記事を読む
事業承継の羅針盤|編集部おすすめの1冊

事業承継の羅針盤|編集部おすすめの1冊

未上場会社の事業承継を成功に導くための指南書というのが本書の位置づけで、事業承継の成功事例と失敗事例を数多く紹介してある。

記事を読む
 「病巣 巨大電機産業が消滅する日」|編集部おすすめの1冊

「病巣 巨大電機産業が消滅する日」|編集部おすすめの1冊

タイトルを見ただけで、どこの企業がモデルなのか、ピンとくるに違いない。不正会計問題、米原子力企業の買収失敗、2017年3月期決算では製造業として過去最大の1兆円近い最終赤字を計上…。その企業とは他でもない東芝だ。

記事を読む
メガバンク最後通牒 執行役員・二瓶正平|編集部おすすめの1冊

メガバンク最後通牒 執行役員・二瓶正平|編集部おすすめの1冊

「二瓶正平シリーズ」の第3作目。「総務部」「総務部長」で難関をくぐり抜けた東西帝都EFJ銀行の叩き上げ行員二瓶正平は、本作でついに執行役員に就任する。その最初の仕事が地方銀行再編だった。二瓶は一筋縄でいかない難事業に徒手空拳で立ち向かう。

記事を読む
「事業承継法」入門|編集部おすすめの1冊

「事業承継法」入門|編集部おすすめの1冊

タイトルにある「事業承継法」は単独の法律ではなく、民法、会社法、税法などを中心とする事業承継に関連する多岐に渡る法律を指しており、事業承継の検討や実行のために必要な、これら法律の知識を習得してもらうのが本書の目的。

記事を読む