おすすめ本の記事一覧

「業種別M&Aの成功ポイントがよ~くわかる本」|編集部おすすめの1冊

「業種別M&Aの成功ポイントがよ~くわかる本」|編集部おすすめの1冊

あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回取り上げるのは「業種別M&Aの成功ポイントがよ~くわかる本」。秀和システムが誇る人気の「図解入門」シリーズにM&A編がお目見えした。

記事を読む
「企業価値経営」|編集部おすすめの1冊

「企業価値経営」|編集部おすすめの1冊

M&Aを実施するうえで重要な企業価値評価。企業価値をどう把握し、経営分析に活かすための理論を紹介する1冊だ。大手企業の事例紹介はあるがデータが中心で「補足」の位置づけ。実務書ではなく理論書だ。日本企業によるM&Aの概況を簡易に解説している。

記事を読む
2021年4月から6月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2021年4月から6月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2021年4月から6月の間だけで30冊以上のM&A関連書籍が発売されました。今回も発売日順にご紹介します。

記事を読む
「中小企業の事業承継 規模の制約とその克服に向けた課題」|編集部おすすめの1冊

「中小企業の事業承継 規模の制約とその克服に向けた課題」|編集部おすすめの1冊

大学准教授の著者が抱いた「中小企業の事業承継を研究するにあたって、規模の問題は無視できないのだろうか」という疑問が研究の出発点で、こうした疑問を解決するための研究の成果をまとめたのが本書だ。

記事を読む
「M&Aにおける従業員重視経営の罠」|編集部おすすめの1冊

「M&Aにおける従業員重視経営の罠」|編集部おすすめの1冊

M&Aを通じてプレーヤーが減れば、業界内の競争を緩和する効果が考えられる。ところが、1990年代前半のセメント業界では激しい価格競争が生じた。M&Aで期待される過当競争の解決や収益性の改善をもたらす「暗黙の共謀」が実現しなかった理由とは?

記事を読む
中小企業M&A の真実 決定版|編集部おすすめの1冊

中小企業M&A の真実 決定版|編集部おすすめの1冊

M&Aといえば大手企業による大型買収が思い浮かぶが、現実には中小企業のM&Aが圧倒的に多い。M&Aの大半を占める、中小企業M&Aについての解説書である。Q&A形式の構成で、全50問にわたって中小企業M&Aの状況を分かりやすく解説する内容だ。

記事を読む
「個人M&A 大全」|編集部おすすめの1冊

「個人M&A 大全」|編集部おすすめの1冊

サラリーマン向けに「個人M&A」の詳しい内容と実践方法を解説した。著者は企業経営者として生きていくのは、金銭面だけでなく、生きがいややりがいにもつながるため生涯現役で働ける環境を作るべきだと主張する。

記事を読む
「海外M&A 新結合の経営戦略」|編集部おすすめの1冊

「海外M&A 新結合の経営戦略」|編集部おすすめの1冊

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回取り上げるのは「海外M&A 新結合の経営戦略」(東洋経済新報社刊)。著者の松本茂氏は海外M&A研究の第一人者として知られる。

記事を読む
「買収起業完全マニュアル」|編集部おすすめの1冊

「買収起業完全マニュアル」|編集部おすすめの1冊

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。今回は「買収起業」完全マニュアル(実業之日本社刊)。

記事を読む
「社長、その事業承継のプランでは、会社がつぶれます」|編集部おすすめの1冊

「社長、その事業承継のプランでは、会社がつぶれます」|編集部おすすめの1冊

「事業承継は、経営者のロマンを形にした、一本の映画のようなものだ。そういった映画をつくり上げるためのシナリオの書き方を提案した」こう表現する著者は中小企業の事業承継の本質は「いかに後継者を経営者にするか」にあると言い切る。

記事を読む
「元彼の遺言状」|編集部おすすめの1冊

「元彼の遺言状」|編集部おすすめの1冊

本書は第19回(2020年)「このミステリーがすごい!」大賞に輝いた新川帆立さんの話題作。「僕の全財産は、僕を殺した犯人に譲る」。こんな前代未聞の遺言状を残して、森川栄治が亡くなった。真相解明に、凄腕の女弁護士・剣持麗子が大活躍する。

記事を読む
これからのお金のつかみ方|編集部おすすめの1冊

これからのお金のつかみ方|編集部おすすめの1冊

「お金のつかみ方」にもいろいろある。株式や不動産投資といった財テクから企業経営、はたまた宝くじやギャンブルまで、さまざまな手段がある。本書は極めてピンポイントな「お金のつかみ方」の指南書。それは中小企業を起業して売り抜ける「バイアウト」だ。

記事を読む
「なぜ、おばちゃん社長は価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか」|編集部おすすめの1冊

「なぜ、おばちゃん社長は価値ゼロの会社を100億円で売却できたのか」|編集部おすすめの1冊

企業価値ゼロの会社を引き継いだ著者が、わずか10年で大手ベアリング会社などに同社を103億円で売却するまでに価値を高めた手法や、心がまえ、ノウハウなどがぎっしりと詰め込まれている。

記事を読む
「日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き」|編集部おすすめの1冊

「日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き」|編集部おすすめの1冊

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。今回は「日米実務の比較でわかる 米国アウトバウンドM&A法務の手引き」を紹介する。

記事を読む
 ゼロから年商10億円企業を創る|編集部おすすめの1冊

ゼロから年商10億円企業を創る|編集部おすすめの1冊

年商1億円までを「幼少期」のステージ1、年商5億円までを「青年期」のステージ2、年商10億円までを「成人期」のステージ3とし、会社もステージに応じ経営戦略を変えなくてはいけないというのが著者の主張。短期的に事業を成長させたい経営者は必読だ。

記事を読む
「銀行主導にさせない事業承継のススメ」|編集部おすすめの1冊

「銀行主導にさせない事業承継のススメ」|編集部おすすめの1冊

「融資を受けて事業承継するしかない」と思い込んでいる社長に、セカンドオピニオンを提供し、銀行が提案する方法が唯一ではなく、他にも方法があることを示すのが本書の目的だ。事業承継手法の解説書ではなく、小説のような雰囲気を持つ。

記事を読む
「M&A失敗の本質」|編集部おすすめの1冊

「M&A失敗の本質」|編集部おすすめの1冊

M&Aの成功確率は洋の東西を問わず、3割程度という。日本企業でもM&Aが成長戦略の手段として定着して久しいが、7割は失敗に終わっているということになる。日本企業のM&Aは何をどう間違っているのか。その真因を解き明かし、課題解決への道筋を示す一冊。

記事を読む
2021年1月から3月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2021年1月から3月に出版された「M&A関連本」をすべて紹介します

2021年も引き続きM&A関連本の発刊が相次いでいます。1月から3月の間だけで30冊近くの書籍やM&Aの特集記事を組んだ雑誌が発売されました。

記事を読む
「社長、会社を誰に、どう継がせますか?」|編集部おすすめの1冊

「社長、会社を誰に、どう継がせますか?」|編集部おすすめの1冊

青雲の志で事業を立ち上げ、艱難辛苦の末にビジネスを軌道に乗せ、多くの信頼できる取引先を得て業績も安定。「これで、やっと肩の荷を降ろせる」と、ほっと一息ついた時に事業承継はやって来る。中小企業の社長が頭を痛める事業承継の分かりやすい解説書だ。

記事を読む
「M&A保険入門」|編集部おすすめの1冊

「M&A保険入門」|編集部おすすめの1冊

本書はM&Aアドバイザーや表明保証保険を検討している企業の担当者、表明保証保険業務に携わる保険会社の担当者らが、表明保証保険の基礎知識が得られるように分かりやすくまとめられた入門書で、78のQ&Aで構成されている。

記事を読む
「再建の神様」|編集部おすすめの1冊

「再建の神様」|編集部おすすめの1冊

今回取り上げるのは江上剛著「再建の神様」(PHP研究所感刊)。物語の舞台は倒産の危機に瀕する会津の温泉旅館。銀行員生活に挫折した春木種生は東北新幹線の車中で、再建請負人を名乗る渋沢栄二と偶然出会う。

記事を読む
「人事の超プロが本音で明かす アフターコロナの年収基準」|編集部おすすめの1冊

「人事の超プロが本音で明かす アフターコロナの年収基準」|編集部おすすめの1冊

M&A Online編集部がおすすめする1冊は「人事の超プロが本音で明かす アフターコロナの年収基準」(西尾 太著、アルファポリス刊)。コロナ後を見据え、ビジネスピープルは何を基準に自分の市場価値を見極めて働き、ビジネスに取り組めばよいか。

記事を読む
「経営者こそ投資家である」|編集部おすすめの1冊

「経営者こそ投資家である」|編集部おすすめの1冊

コロナ・ショック後の企業価値をどう向上していくかというテーマの下、フリーキャッシュフローの創出や投資の判断、株主への還元、資金調達などについて、具体的な事例を紹介しつつ分かりやすく解説している。

記事を読む
「Exit(イグジット)」|編集部おすすめの1冊

「Exit(イグジット)」|編集部おすすめの1冊

超金融緩和政策に危機感を持つ日銀OBが、日銀と政府の経済政策を批判し、新たな提言を打ち上げる。こうした行為をクーデターと呼び、クーデターに協力する者、クーデターを抑えようとする者たちの攻防を描いた。

記事を読む
「〔新版〕野蛮な来訪者 RJRナビスコの陥落」|編集部おすすめの1冊

「〔新版〕野蛮な来訪者 RJRナビスコの陥落」|編集部おすすめの1冊

今回取り上げるのは「〔新版〕野蛮な来訪者 RJRナビスコの陥落」。1980年代後半、米国ではLBO(レバレッジド・バイアウト)の一大ブームが巻き起こった。その頂点に達したのがRJRナビスコを舞台とする歴史的な買収合戦だ。

記事を読む