「金融時事用語集(2022年版)」|編集部おすすめの1冊

alt

数あるビジネス書や経済小説の中から、M&A Online編集部がおすすめの1冊をピックアップ。M&Aに関するものはもちろん、日々の仕事術や経済ニュースを読み解く知識として役立つ本を紹介する。

「金融時事用語集(2022年版)」金融ジャーナル社編・刊

今回はどんな用語が新たに採用されたのだろうか?  ささやかだが、そんなちょっとした楽しみが本書のような辞典の類にはある。「金融時事用語集」は創刊から毎年版を重ねてきた。最新の「2022年版」は第33版となる。

金融時事用語集

銀行や証券、保険などを中心に約200の用語を厳選して収容。毎回、その4分の1程度がスクラップ・アンド・ビルドされ、2022年版では50用語を新規に取り上げた。ニュース性や時事性に重きを置き、タイムリーな金融用語を知るにはもってこいの一冊だ。

ジャンル別に「DX・ファインテック」「業務、商品・サービス」「経営、市場」「脱炭素・サステナビリティ」「高齢化」「働き方」「金融行政・政策」「基礎用語」で構成。冒頭部分は「トピックス10」と題し、「コロナ禍と企業支援」「金融庁・日銀、検査考査一体化」「デジタル給与払い解禁」といったテーマで詳しく解説している。

では気になる2022年版で新規掲載された用語(項目を含む)をみてみよう。

エンベデッドファイナンス(組込型金融)、レグテック。、ITパスポート、ゼロゼロ融資、伴走支援型特別融資、単独型持ち株会社、LIBOR(ロンドン銀行間取引金利)廃止の影響、GX(グリーントランスフォーメーション)、気候変動対応オペ…。

聞きなれない用語もあるに違いない。例えば、レグテック。規制(Regulation)と技術(Technology)を組み合わせ造語で、AI(人工知能)などの最新ITを活用して、金融業務の効率化やコンプライアンス(法令順守)の向上につなげるというもので、フィンテックと並んで世界的に注目されているという。

発行元の金融ジャーナル社は、金融専門紙「ニッキン」で知られる日本金融通信社(東京都)のグループ企業。(2021年12月発売)

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

間違いやすい「スピンオフ」の意味

間違いやすい「スピンオフ」の意味

2021/11/22

「スピンオフ」の用語解説で、「スピンオフIPO」と混同した解釈をした記事をネット上で見かけるようになりました。東芝の再編が話題になっていることから、このような現象が起きているのかもしれません。