【日新製糖】国内砂糖市場が縮小する中、2度目の経営統合を決断

alt
東京・日本橋小網町の本社で

原料コスト上昇などで2ケタ減益予想

国内では新型コロナによる行動制限が解除され、経済活動が正常化に向かっている。日新製糖の足元の業績はどうか。

2022年3月期業績(国際会計基準)は売上高5.2%増の460億円、営業利益1.9%減の21億6400万円、当期利益51.4%増の17億1500万円。砂糖の販売数量が一部回復し2年ぶりの増収となったものの、海外原糖市況の高騰を受けた原料調達コストやエネルギーコストなどの上昇が響き、営業減益となった。

「カップ印」ブランドの日新製糖(HDから)

同社の売上高構成は「砂糖・その他食品事業」が92%、フィットネス事業を中心とする「健康産業事業」が約5%、「倉庫事業」が約3%。

2023年3月期予想は売上高6.4%増の490億円、営業利益26.1%減の16億円、当期利益24.2%減の13億円。観光・外食向け需要の回復に伴う業務用製品の伸びや、きび砂糖の販売増などが売上高を押し上げる一方、原料調達・エネルギーコストの影響拡大を織り込み、2ケタの減益を見込む。

売上高は2010年代前半、新光製糖と経営統合に伴い500億円台に乗せていたが、2015年3月期以降はこれを割り込む状態が続いている。

◎日新製糖の業績推移(単位億円)、23/3期は予想

2020/3期 21/3期 22/3期 23/3期
売上高 478 437 460 490
営業利益 28 22 21 16
最終利益 21 11 17 13

「食品」強化へ、ツキオカフィルムを買収 

M&Aの取り組みは活発だ。2017年に買収したツキオカフィルム製薬(岐阜県各務原市)は「その他食品事業」の一翼を担う。可食フィルム・食用金箔の製造、印刷物への箔押加工などを手がける。

なかでも期待が大きいのが可食フィルム。デンプンやゼラチンなどの食品素材をベースとし、口の中で素早く溶けるフィルム状食品で、口臭予防食品やサプリメントなど多様な用途が見込まれている。

2018年には中村屋傘下でフィットネス事業のエヌエーシーシステム(東京都渋谷区)を傘下に収めた。日新製糖は総合型スポーツクラブ「ドゥ・スポーツプラザ」、女性専用ホットヨガ「ブレダ」を展開してきたが、ここに24時間コンパクトジムという新業態を取り込んだ。フィットネス施設は現在、6ブランド・30店舗(いずれも関東地区)を数える。

本業領域では2019年に、王子製糖(東京都文京区)の砂糖事業を取得している。そして今回、大型M&Aとして実現の運びとなったのが伊藤忠製糖との経営統合だ。

砂糖の上場メーカーとして、DM三井製糖、日新製糖、日本甜菜製糖、塩水港精糖、東洋精糖、フジ日本精糖が競い合う。砂糖各社はポストコロナを見据え、グローバル展開や多角化推進が課題となっている。上位2社に続き、合従連衡の動きが準大手、中堅に波及する可能性もある。

主な出来事
1950 日新製糖が発足
東証2部上場
2011 日新製糖と新光製糖が経営統合し、共同持ち株会社「日新製糖ホールディングス」設立(東証2部上場)
2013 日新製糖HDを存続会社とする吸収合併に伴い、「日新製糖」が発足
2015 スポーツクラブ事業のドゥ・スポーツクラブ(東京都中央区)を設立
東証1部上場
2017 可食フィルム製造などのツキオカフィルム製薬(岐阜県各務原市)を子会社化
2019 中村屋傘下でフィットネス事業のエヌエーシーシステム(東京都渋谷区)を子会社化
王子製糖(東京都文京区)の砂糖事業を取得
2020 ドゥ・スポーツクラブはエヌエーシーシステムを吸収合併し、日新ウエルネスに社名変更
2022 6月、伊藤忠製糖(愛知県碧南市)と2023年1月に経営統合することで合意

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

【渋沢倉庫】30年ぶりの企業買収を決断、今後のM&A戦略は?

【渋沢倉庫】30年ぶりの企業買収を決断、今後のM&A戦略は?

2022-06-09

近代ニッポンにおける資本主義の父と呼ばれる渋沢栄一(1840~1931)。生涯に500余りの企業・団体の設立にかかわったとされ、その1つが渋沢倉庫だ。現在、全国に3900社近くある上場企業のうち、「渋沢」の名を冠した唯一の企業でもある。