【AOKIホールディングス】M&Aで「ネカフェ」トップ企業に

alt

売上高の3分の1以上がエンターテインメント事業に

2022年3月期の「快活CLUB」を含む同社のエンターテインメント事業売上高は569億9300万円と、主力のファッション事業の886億4200万円に次ぐ2位で、売上シェアの36.8%を占める。

2022年3月期事業セグメント別売上高(単位:百万円)

事業セグメント 売上高 売上高シェア 前期比増減
ファッション事業  88,642 57.2%  3.8
エンターテイメント事業  56,993 36.8% 17.5
アニヴェルセル・ブライダル事業    7,976   5.1% -0.7
不動産賃貸事業    4,429   2.9% 14.3
154,916   -   8.2

エンターテインメント事業の営業利益も2021年3月期の△51億9000万円の赤字から5億9000万円の黒字に転換した。営業利益に占める同事業のシェアは10.8%と売上高に比べると小さいが、これは同事業のうちカラオケの「コート・ダジュール」が7億6500万円の営業赤字で同事業の足を引っ張ったため。

同事業のうち複合カフェの「快活CLUB」は、13億5500万円の営業黒字を計上している。「快活CLUB」単独の営業利益シェアは24.9%と全体の約4分の1を占める。「快活CLUB」の2022年3月期売上高は対前期比19.2%増と、同3.8%増のファッション事業の成長率を大きくしのぐ。AOKIが主力のファッションではなく、複合カフェをM&Aのターゲットにしたのも、そのためだ。

2022年3月期事業セグメント別営業利益(単位:百万円)

事業セグメント 営業利益 営業利益シェア 前期比増減
ファッション事業 4,795  88.1% 219.9
エンターテイメント事業    590  10.8%
アニヴェルセル・ブライダル事業   -580 -10.7%
不動産賃貸事業    833  15.3%  30.2
5,443    8.2

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

買収したり、提携したり…あの手この手で生き残る「洋服の青山」

買収したり、提携したり…あの手この手で生き残る「洋服の青山」

2022-03-05

「アパレル冬の時代」と言われて久しい。とりわけ紳士服はカジュアル化の流れに加えて、コロナ禍により自宅でのリモート勤務が増えたことで需要が激減。紳士服量販店チェーン「洋服の青山」を展開する業界最大手の青山商事も大打撃を受け、生き残りに必死だ。