ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

「税務ストラクチャリング」とは、M&Aの必須事項を解説

alt
M&Aに小休止なし…東京・丸の内のビル群

状況によって変わる、最適な税務ストラクチャリング

 最適な税務ストラクチャリングは、状況によって変化するものだ。そのため、例えば一概に組織再編を適格再編に該当させることができればよいというわけではない点に留意する必要がある。

適格合併に該当する場合は譲渡損益からの課税は生じないものの、みなし共同事業要件を満たさない場合、被合併法人だけでなく、合併法人の支配関係発生日以前の欠損金も切り捨てられてしまう。そのため、親会社が欠損金を多額に保有している場合は、あえて非適格組織再再編を選択することで親会社の欠損金が切り捨てられないようにする方が税務メリットが大きい場合も考えられる。

 このように税務ストラクチャリングは、どのようなスキームを採用すれば最も税務メリットを享受することができるかどうかを、その時々の状況に応じて考案する必要があり、また、スキームによっては税務署から否認されてしまうリスクもあるため、そのあたりのリスクコントロールに細心の注意を払う必要もある非常に難易度の高い業務でもあるのだ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「組織変更」と「組織再編」はどう違うの?

「組織変更」と「組織再編」はどう違うの?

2018/06/27

​組織変更と組織再編にどんな違いがあるでしょうか? 意味は似通っていそうだし、どちらもニュースの見出しなどで見かけます。でも、日常会話はともかく、法律用語として使う場合、注意が必要となるのです。