ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

事業承継後の株価下落に減税措置 2018年度(平成30年度)税制改正で

alt

    2018年度(平成30年度)の税制改正で、事業承継後に株価が下落した場合に、贈与税や相続税の税負担が軽減される見通しとなった。これまでは承継時の株価を基に納税額(条件を満たせば納税が猶予される)を計算していたが、新しい制度ではM&Aなどで株式を売却する際に再計算し、差額を減免するという内容。経営環境の変化による将来不安を軽減するのが狙いで、現在開会中の国会で決定されたあと2018年度から施行される。

 現行制度では事業承継時の株価総額が2億円で、納税猶予額が約1億円であったとすると、例えば25年後にM&Aなどで所有する株式を売却する際には、株価が下落していても、約1億円を納税しなければならない。これが新制度では、例えば株価総額が1億2000万円に下落していた場合は税額を再計算し、約6000万円を納税すればよいことになる。


 文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

M&A減税を実施 2018年度の税制改正で

M&A減税を実施 2018年度の税制改正で

2018/01/18

2018年度からM&Aによる事業承継(再編や統合)に関して、登録免許税と不動産取得税が軽減される見通し。2018年度の税制改正で実施されるもので、2019年度末まで適用される。経営力向上計画(仮称)に認定されるのが条件。