menu
Social media

法律・マネー

[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その③

Cover 8c77aae0 af9c 4278 96b6 e468e2b53c5c

[相続税] 会社に財産を移して評価額を圧縮?その③

※ 下記記事中の時価等の数値情報や話題は、元記事となるブログ記事作成当時(2015年4~5月頃)のものであり、現在直近の数値情報や話題ではございません点 ご承知おきください。

相続税対策として資産管理会社を作り、その会社へ資産を移し、子供に会社を継がせると、節税対策になるのでしょうか。あらためて最初にいただいたご質問を再掲させていただきます。 

『よく相続税対策として資産管理会社を作りその会社へ資産を移し、子供に会社を継がせる方が節税対策になると聞きます。もちろん金額により変わってくると思いますが普通に親から子へ贈与税を支払うより得なのでしょうか?この辺の仕組みがさっぱり分かりません』 

前回 、前々回 で、ざっくりした仕組みを説明させていただきましたが、結論から言いますと、その① で書いたように、「一概に言えませんが、(←すいません)、現行税制下では節税になるケースもあります。」

総合的なコストやメリット、デメリットを具体的に比較して判断すべきです。というのが正直なところです。

『その会社へ資産を移し、子供に会社を継がせる方が節税対策になると聞きます。』

例えば、その会社が債務超過の状態で、社長が持つ不動産を現物出資しても、まだなお債務超過の状態であれば、無償で株を子供に移す、なんてことも考えられますね。

ケースによっては、子供に現金を贈与し、その現金を元手に会社を設立させ、その子供が100%株主の会社を作ることも可能です。そして、社長が雇われて、その会社で利益を稼ぐなら、相続税はかからない、なんてことも考えられます。

『普通に親から子へ贈与税を支払うより得なのでしょうか?』

上記のような仕組みなどを活用すれば、得なケースは大いにあり得ます。個別事情によって異なるため、「気になるなぁ」という人は、税理士に聞いてみてはいかがでしょうか。

ただ、「一般論でいいし、お前の個人的な意見でいいから言ってみろよ」と言われれば、前提条件(財産の額、規模、相続人の状況等)によって異なりますが、一般の方レベルだと、「あまり大げさなことはしない方が良い」と思います。そんなに大げさなことはしなくても、地味な節税策はあると思います。 

「資産管理会社を作って不動産を借金で買ってウンヌン・・・。」はもしかしたら、銀行・建設業者・不動産業者・会計事務所だけが勝ち組になって、「ハイエナのエサ」にされてしまうかも知れません。ただし、事業経営をされている方で、純資産がそこそこアリ、かつ、親族内承継を考える方は、きちんと将来をイメージした対策をすべきでしょう。

税制・税務

NEXT STORY

「税法がビジネスよりも上位にある」という誤解

「税法がビジネスよりも上位にある」という誤解

税法で定められていることと他の分野のことで取り扱いが異なるようなことがあります。一例をあげると民法と税法がごっちゃになり、どちらか一方を妄信してしまうと「ミスリード」に繋がってしまいます。


注目の記事

Thumb e1b02e19 e880 4647 9b2e 9735a2922dd8

【リコー】「再成長」へM&A投資 2000億円

リコーが2018~19年度にM&Aに2000億円超を投資する方針を打ち出した。同社にとって大命題は「再成長」の一語に集約される。業績は10年近く一進一退が続き、伸びを欠いたままだ。リコー復権ののろしは上がるのか?

Thumb 88ffbc7d d8c1 4c46 a94a d5f6737c0e91
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb 856a8cb3 bfab 4046 a298 284e67090c4c