menu
Social media

法律・マネー

M&A減税を実施 2018年度の税制改正で

Cover 1ec9a02c bf82 4cd9 9d73 4085db3a27e9

 2018年度の税制改正に伴い、M&Aによる事業承継で減税措置が講じられる見通しとなった。第三者への事業承継を後押しするのが狙いで、認定を受けた経営力向上計画(仮称)に基づいて、再編や統合を行った際にかかる登録免許税と不動産取得税が軽減される。中小企業等経営強化法を改正して行うもので、2019年度末まで適用される。次期通常国会で正式に決定され、2018年度に施行される。

登録免許税と不動産取得税が減税に

 ある企業の事業を別の企業へ譲渡するなどの際に、土地や建物にかかる税金が軽減される。登録免許税は合併による移転の登記の場合、0.4%の通常税率が0.2%になる。分割による移転の登記では同じく2.0%が0.4%に、その他の原因による移転の登記では2.0%が1.6%になる。不動産取得税は土地住宅の場合は、3.0%の通常税率が2.5%に、住宅以外の家屋の場合は同じく4.0%が3.3%になる。

このままでは650万人の雇用と22兆円のGDPが喪失

 経済産業省では今後10年間に70歳を超える中小企業経営者約245万人のうちの半数が後継者未定であり、このままでは2025年ごろまでに650万人の雇用と22兆円のGDP(国内総生産)が失われる可能性があると分析している。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


税制・税務

NEXT STORY

【良品計画】ライフスタイルを売る無印良品(MUJI)はいつM&Aに動くのか?

【良品計画】ライフスタイルを売る無印良品(MUJI)はいつM&Aに動くのか?

このところ大規模なM&Aから遠ざかっている良品計画。しかし、新たにホテルや生鮮食品といった新たな分野への進出も始まり、生活雑貨・衣料品の小売りで成長してきた良品計画が迅速に新事業を展開するにはM&Aが必要だ。はたして良品計画は動き出すのか?


注目の記事

Thumb 360806d3 5891 4010 8d81 e5ebbe1c4544

【ビジョナリーHD】「視界不良」のメガネスーパーが復活した理由

経営危機のどん底からよみがえった「メガネスーパー」。2017年に持株会社制へ移行し、「ビジョナリーホールディングス」として新たな歴史を刻み始めている。投資ファンドによる再建を果たした同社は、M&Aで新分野を開拓し、次なる飛躍を果たそうとしている

Thumb ec47f788 1259 4d83 bdd8 8407d10e0e92
Thumb 5535fbd2 d91a 4fbd a0be 6bc68475be6d
Thumb fc3e0390 342b 4215 a82c 567609f5a344