解消されたルノー・日産・ダイムラー3社提携の「中身と確執」

alt

日産自動車<7201>が独ダイムラーの持ち株約1.5%の全てを売却する。売却額は約10億ユーロ(約1300億円)の見込み。親会社の仏ルノーも2021年3月に保有するダイムラー株を全て売却しており、日産による売却も時間の問題とみられていた。2010年に始まった3社間の提携とはどんなものだったのか?

資本・業務提携で一時は世界3位のグループに

3社提携は2010年4月にルノー・日産アライアンス(連合)がダイムラー株を3.1%、ダイムラーがルノー株と日産株を3.1%ずつ持ち合ってスタート。ルノー・日産連合のカルロス・ゴーン会長とダイムラーのディーター・ツェッチェ会長(いずれも当時)のカリスマリーダー2人が提携に踏み切った。

当時、3社合計の世界販売台数は770万台で、トヨタ自動車<7203>、独フォルクスワーゲン・スズキ<7269>連合に次ぐ、世界第3位のグループに躍り出る。

当初の業務提携内容は、以下の4項目だった。

(1)ダイムラー「スマート」とルノー「トゥインゴ」の小型車共同開発
(2)ルノー・日産連合は3気筒と4気筒のガソリン・ディーゼルエンジンをダイムラーに、ダイムラーは日産の高級車「インフィニティ」向けに4気筒、6気筒のガソリン・ディーゼルエンジンを相互供給してパワートレインの共有化を図る
(3)ルノー・日産連合が商用バンの完成車とダイムラー「ヴィト」に搭載する小型ディーゼルエンジン・トランスミッションを供給する小型商用車での連携
(4)EVとバッテリー技術の共同開発といった協業分野拡大の検討

しかし、協業は思うように進展せず、3社は2016年9月に以下の4項目で提携関係のネジを巻き直そうとする。

(1)従来の欧州に加えて米州、アジアの3大陸で全領域(車両、エンジン、相互供給)の協業を展開
(2)ルノーのクレオン工場で生産されたモーターを搭載した新型ダイムラー「スマート フォーツー」、「スマート カブリオ」、「スマート フォーフォー」のEVモデル開発
(3)メルセデス・ベンツ初となるピックアップトラックの共同開発とスペイン・アルゼンチンのアライアンス工場での生産
(4)日産・ダイムラーのメキシコ・アグアスカリエンテス共同生産工場で、次世代プレミアムコンパクトカーを生産

NEXT STORY

トヨタが開発した「水素エンジン」、燃料電池と何が違うのか?

トヨタが開発した「水素エンジン」、燃料電池と何が違うのか?

2021/04/29

トヨタが2021年4月に自社開発の水素エンジンを搭載した「カローラ スポーツ」を富士スピードウェイで初公開した。公道を走行する前提ではなく、「スーパー耐久」に出場するレース車両として開発されている。同じ水素を燃料とする燃料電池車との違いは?

関連のM&Aニュース