苦境に陥った「結婚ビジネス」コロナ対応に四苦八苦

alt
写真はイメージです

結婚ビジネス業界が四苦八苦している。3回目の緊急事態宣言が発出される中、協業に乗り出す企業や、一層の感染防止対応を打ち出す動きなどが現れてきた。

コロナ禍で、挙式や披露宴の中止、延期が相次ぐ厳しい経営環境をなんとか乗り切ろうという前向きな取り組みだが、東京商工リサーチの調べによると、赤字に転落する結婚ビジネス関連企業が続出しており、結婚式場の倒産件数も、2年連続で前年度を上回るなど状況は至って厳しい。

この危機的状況を結婚ビジネス業界はうまく乗り越えることができるだろうか。

テイクアンドギヴ・ニーズとIBJが連携

ウェディングプロデュース事業を手がけるテイクアンドギヴ・ニーズ<4331>は、IBJ<6071>が運営する結婚相談所ネットワーク「⽇本結婚相談所連盟」に加盟し、2021年4月30日に結婚相談所「ema 東京(エマ トウキョウ)」を開業する。

IBJが持つ成婚ノウハウやシステムをテイクアンドギヴ・ニーズに提供し、婚活支援で協働することで互いの事業の拡大を目指す。

2021年4月30日にオープン予定のema 東京

テイクアンドギヴ・ニーズは、これまで数多の結婚式をプロデュースしており、「ema 東京」では、成婚のサポートや成婚後の両家顔合わせ、式場選び、結婚式のプロデュースまで一貫したサービスを展開する。

日本結婚相談所連盟は全国に約2700社の結婚相談所と、お見合い会員約7万人をつなぐ結婚相談所ネットワークで、加盟する相談所の中には旅行、ホテル、飲食、保険、アパレルなどの婚活と親和性の高い企業が新規事業や副業として婚活支援をスタートするケースも少なくないという。

IBJはこの日本結婚相談所連盟を運営するとともに、傘下企業に40年の歴史を持つ老舗結婚相談所のサンマリエ(東京都新宿区)と、イオンから譲り受けた大手結婚相談所のZWEI(東京都中央区)がある。

NEXT STORY

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

2021/04/16

下記のブライダル企業経営危険度ランキングは、経営の安全性を見る3つの指標(自己資本比率、流動比率、総支払利息比率)をまとめたものです。業界基準値から差異をスコアリングして危険度を算出してみました。