自転車「あさひ」が純利益倍増の47億円 コロナ禍で三密回避

alt
あさひの店舗(東京都三鷹市)

自転車「あさひ」 三密回避で自転車が人気=売上高・利益ともに過去最高

公開日付:2021.04.05

純利益は前期からほぼ倍増の47億円

 自転車専門店を展開している(株)あさひ(TSR企業コード:570261422、大阪市都島区、東証1部)は4月5日、2021年2月期(単体)が売上高、純利益ともに過去最高を更新したと発表した。売上高は上場以来、純利益は2期連続で過去最高を更新した。新型コロナ感染拡大前から業績は好調だったが、コロナ禍でも「密」を避ける自転車需要が増加し、特にスポーツや子供向け、電動アシストの自転車が伸びた。

 2021年2月期は、繁忙期の4月に1度目の緊急事態宣言の影響で、第1四半期は売上高や純利益が前年同期を下回った。第2四半期以降は、三密を避けられる通勤・通学などの移動手段に加え、健康意識の高まりや外遊びなどから自転車の需要が増加。出店数の増加も寄与した。

 2021年2月期(単体)は売上高694億5600万円(前期比16.0%増)、営業利益68億6300万円(同71.3%増)、当期純利益47億1700万円(同84.4%増)だった。販売増への対応など販管費が増大したが、売上増で吸収した。

 同日発表した2022年2月期(単体)の業績予想は売上高700億円(前期比0.8%増)、当期純利益35億円(同25.8%減)と売上高は過去最高の更新を目指す。ただし、コロナ禍の需要増の反動減などから純利益は4期ぶりの減益を見込む。

販売好調な「あさひ」(TSR撮影)
販売好調な「あさひ」(TSR撮影)©東京商工リサーチ

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

「新型コロナ感染拡大」にもかかわらず、自転車業界が好調な理由

「新型コロナ感染拡大」にもかかわらず、自転車業界が好調な理由

2020/04/08

新型コロナウイルス感染症の拡大で日本経済の深刻な落ち込みが懸念されるが、一方で好調な業界がある。自転車業界がそれ。マスクや医薬品などの「コロナ関連」ならばともかく、無関係としか思えない自転車業界が、なぜ消費の逆風下にもかかわらず好調なのか?