新型コロナに強い「焼肉」ビジネスで積極的な動きが

alt

コロナ禍の中、居酒屋などの業態に比べると需要の安定している焼肉ビジネスで、積極策を打ち出す動きが目立ってきた。

ゴルフ場運営大手のパシフィックゴルフマネージメント(東京都台東区)や、「宅配寿司 銀のさら」を運営するライドオンエクスプレスホールディングス<6082>、「焼肉の名門 天壇」を運営する晃商(京都市)などが、ゴールデンウィーク前後に新しい取り組みを展開する。

居酒屋「和民」などをチェーン展開するワタミ<7522>が居酒屋から焼肉店に業態転換を進めるなど、焼肉ビジネスには他業態からの参入も少なくないだけに、今後予想される競争激化をどう生き抜いていくのか、知恵や工夫が試されそうだ。

ゴルフ場で高級焼肉を提供

パシフィックゴルフマネージメントは「焼肉南大門 離宮」を運営するファザー(宇都宮市)との間でフランチャイズ契約を結び、2021年4月26日にサンヒルズカントリークラブ(宇都宮市)内に「焼肉南大門 離宮 SUNHILLS」を開業する。

焼肉南大門 離宮 SUNHILLSのランチ

「焼肉南大門 離宮」では、最上級ランクの牛肉を使用しており、「焼肉南大門 離宮 SUNHILLS」でも、黒毛和牛や地元の食材など、地産地消の恵みを生かした料理を提供する。

プレー時の昼食やプレー後の夕食のほか、サンヒルズカントリークラブの宿泊施設の利用者や、プレーをしない顧客でも利用できるという。ゴルフ場にも焼肉市場が広がることになりそうだ。

ライドオンエクスプレスホールディングスは2021年4月30日に、とんかつ、焼肉、牛たんに絞った宅配サービス「DEKITATE(デキタテ)」を東京都内一部エリアで開始する。

SAMURAIのカルビ弁当

専門店のできたてのおいしさを自宅に居ながら味わうことができるとのコンセプトのもと、「とんかつ専門店 粉豚(コブタ)」「国産牛 炭火焼肉 SAMURAI(サムライ)」「牛たん専門店 まつしま」の3店の料理を弁当スタイルで提供する。

同社はこれまで蓄積してきた魚を中心としたデリバリーサービスのノウハウを活かし、新たに肉の分野に挑戦することで事業の拡充を目指す。


晃商は全国の教育機関向けに「天壇VR(仮想現実)オンライン工場見学サービス」を2021年5月6日から始める。

晃商のセントラルキッチン内部

新型コロナウイルス感染症の拡大によって、校外学習の機会が減っているため決断したもので、同社が2021年2月に新設した食品衛生管理方法「HACCP(ハサップ)」に準拠したセントラルキッチンを紹介することで、食品衛生や食の重要性などを学んでもらう。

工場見学動画では、衛生管理手法や加工・精肉技術をクイズ形式で紹介しており、当初の教育機関のほか、将来は企業や団体のニーズにも対応する計画だ。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「太平洋クラブ」日本製鉄傘下企業から金乃台CCを取得 ゴルフ場売り上げは減少傾向

「太平洋クラブ」日本製鉄傘下企業から金乃台CCを取得 ゴルフ場売り上げは減少傾向

2021/03/31

ゴルフ場などの運営を手がける太平洋クラブ(東京都港区)は2021年5月1日に、日本製鉄傘下の日鉄日新ビジネスサービス(東京都中央区)からゴルフ場「金乃台カントリークラブ」(茨城県牛久市)の経営権を取得する。

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5