「日本橋 紅とん」「Pastel」のヴィア・ホールディングス、事業再生ADRへ

alt
「日本橋 紅とん」の店舗(東京・新橋)

ヴィア・ホールディングス、事業再生ADR手続が成立

公開日付:2021.04.20

 事業再生ADR手続き中の外食(株)ヴィア・ホールディングス(TSR企業コード:290001692、東証1部、以下ヴィアHD)と関連子会社6社は4月20日、第3回債権者会議を開催し、事業再生ADRが成立したことを明らかにした。

 再生計画の骨子は、財務面では対象債権者の金融機関5行より、借入金債務の一部(総額45億円)を株式化し、債務超過を解消する。また、対象債権者の取引金融機関7行より借入債務の返済条件の変更を受ける。
 これに加えて、RKDエンカレッジファンド投資事業有限責任組合から総額15億円の出資を受け、設備投資や運転資金に充当する。また、同投資事業有限責任組合より5億円を借り入れ、構造改革の資金等に充てる。

 RKDエンカレッジファンドは、ヴィアHDのメインバンクでもあるりそな銀行と、関西みらいフィナンシャルグループ傘下の関西みらい銀行、みなと銀行および日本政策投資銀行が2020年9月に組成した(ファンド総額100億円)。りそな、関西みらい、みなとの3金融機関をメインバンクとし、新型コロナウイルスの影響を受けた取引先への支援を目的としている。
 一方、事業面では黒字化が見込めない店舗の撤退(大型店中心に70店舗)、希望退職などによる人員の最適化、コロナ下での顧客性向に合わせたメニューや業態展開を目指し、コロナの影響が軽微な扇屋(焼き鳥)を中心とした事業展開を実施する。計画3期目となる2024年3月期で、連結売上高180億円、営業利益10億円を確保し、自己資本比率25%(2021年3月期末時点の債務超過額45億円)を目指す。

東京商工リサーチ「データを読む」

東京商工リサーチ

世界最大2億件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:http://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

【希望退職】三陽商会・IMAGICA・かんなん丸…年明け1月も7社が募集発表

2021/02/03

希望退職募集の動きが2021年も年明けから相次いだ。アパレルの三陽商会が150人程度を募るのを筆頭に、外食2社を含めて7社が計画を発表した。緊急事態宣言が1カ月延長されたことで、業績の戻りはさらに遠のき、リストラ圧力が一層強まりかねない。