【今週のピックアップ】希望退職・早期退職者募集

alt

長引く新型コロナウイルスの影響で、上場企業でも雇用情勢は厳しさを増すばかりだ。

製造業をはじめ、飲食、アパレルなど各社が早期退職や希望退職を募り、なかには想定を上回る応募となった企業も多い。今週は、希望退職・早期退職を募ったニュースを振り返る。

佐鳥電機、希望退職に25人応募

フォスター電機、早期退職に37人応募|予定数の6割にとどまる

ワールド、2年連続の希望退職に予定を上回る125人応募

三ツ知、人数を定めず早期退職優遇制度を実施

ポプラ、希望退職に予定数を2割上回る62人応募

日本板硝子、早期退職に131人応募

リーガルコーポレーション、希望退職に95人応募

日本金銭機械、希望退職に60人応募

ライトオン、希望退職に47人応募

かんなん丸、希望退職に68人応募

(関連記事)

東スポだけじゃない!人員削減が相次ぐ新聞を「救う」のは誰か 

【希望退職者募集】今年早くも20社超える|常連のアパレル、新顔に「鉄道」も

希望退職者の募集結果、旅行大手KNT-CTを最多に今年19社が発表

2021年の希望退職者募集、早くも10社を突破|JTが1000人規模、コンビニのポプラも

まとめ:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

東スポだけじゃない!人員削減が相次ぐ新聞を「救う」のは誰か 

東スポだけじゃない!人員削減が相次ぐ新聞を「救う」のは誰か 

2021/04/22

東京スポーツ新聞社が100人規模の早期希望退職を募ることが明らかになった。約350人いる社員のうち3分の1近くを削減する。だが厳しいのは同社だけではない。「活字離れ」や「ネットニュースの台頭」で、多くの新聞社がリストラを余儀なくされている。