M&A速報

ゲオホールディングス<2681>、ウェアハウス<4724>の株券等に対する公開買付けを開始。

2013/02/07

ゲオホールディングスは、連結子会社であるウェアハウスを完全子会社化するための一環として、同社の普通株式及び新株予約権を公開買付けにより取得する。

買付期間は、平成25年2月8日(金曜日)から平成25年3月25日(月曜日)まで(30営業日)。

買付価格は、普通株式1株につき300円(2月6日の終値220円で計算したプレミアムは36.36%)。

買付予定株式数は、3,474,744株。上限、下限は設定していない。

買付総額は、1,042百万円。

この公開買付けでは、買付予定株券数に上限を設けていないため、公開買付けの結果次第では、東京証券取引所の上場廃止基準に従い、所定の手続きを経て上場廃止となる可能性がある。

また、当該基準に該当しない場合でも、公開買付成立後、いわゆる二段階買収の手続きを実施し、その場合には、所定の手続きを経て上場廃止となる。

なお、この公開買付けにおいて163,100株以上の応募がなく、ゲオホールディングスのウェアハウスに係る株券等所有割合が66.67%に満たない場合には、いわゆる二段階買収の手続きは実施されず、上場は維持される予定である。

ウェアハウスの取締役会は、この公開買付けに賛同する意見を表明している。

関連の記事

川崎市の九龍城砦「ウェアハウス」が閉鎖、ゲオの事業整理進む

川崎市の九龍城砦「ウェアハウス」が閉鎖、ゲオの事業整理進む

2019/10/25

11月17日にウェアハウス川崎が閉店します。運営はゲオホールディングス。同社は2013年ウェアハウスにTOBを実施して完全子会社化し、上場廃止にしていました。今期の営業利益が36%減の100億円を見込むゲオは不採算事業の整理を急いでいます。

おお蔵を傘下に収めた「ゲオ」はM&A上級者だった

おお蔵を傘下に収めた「ゲオ」はM&A上級者だった

2019/04/11

ゲオホールディングスは高級時計やブランドバッグなどのリユース事業を手がけるおお蔵(福岡市)を完全子会社化した。ビデオやコミックなどのレンタル事業と並ぶ経営の柱である衣料、服飾雑貨などのリユース事業で高級ブランドを拡充するのが狙いだ。

M&A速報検索

クリア