M&A速報

三菱電機<6503>、イタリア業務用空調設備メーカーのデルクリマを買収

2015/08/25

三菱電機は、業務用空調設備の設計・製造・販売を手がけるイタリアのDeLclima S.p.A.(デルクリマ、トレビーゾ。売上高480億円、営業利益53億8000万円、純資産339億円)を完全子会社化すると発表した。2015年11月30日付で株式74.97%を取得したのち、TOB(株式公開買い付け)を実施し残る25.03%を取得する。取得価額は最大で約902億円となる見込み。

デルクリマは2009年設立で、水などの熱媒体を循環させてビルや工場など大型施設の温度を一定に保つセントラル空調方式を採用するチラー事業で欧州トップクラスのシェアを誇る。三菱電機はデルクリマを取得し、チラー事業への本格的参入を進め、事業領域の拡大を図る。

TOBの買付価格は約613円(4.44ユーロ)で、8月21日の終値に対して約76.75%のプレミアムを加えた。買付予定数は3744万5340株で、買付代金は約226億円となる。

M&Aデータベース

関連の記事

【ルネサスエレクトロニクス】撤退戦から「反撃の買収戦」に挑む

【ルネサスエレクトロニクス】撤退戦から「反撃の買収戦」に挑む

2021/10/14

国産ロジック半導体の「最後の砦」であるルネサスエレクトロニクスはM&Aで誕生した。しかも、その生い立ちは暗い。1989年には日の丸半導体が世界を席巻したが、30年余りで日本企業の撤退が相次いだ。その「撤退戦」を引き受けたのがルネサスだった。

三菱電機、不祥事の連鎖を断ち切れるか?|ビジネスパーソンのための占星術

三菱電機、不祥事の連鎖を断ち切れるか?|ビジネスパーソンのための占星術

2021/07/09

鉄道車両向け空調機器の検査不正問題に揺れる三菱電機。この種の不正検査は今回にとどまらず、数年前から頻発し、問題発覚の出直しを誓ったが、不祥事の連鎖を断ち切ることができなかった。ついに杉山武史社長の引責辞任に発展した。信頼回復できるのか?

三菱電機が「100年」企業の仲間入り|大手電機8社で残るは?

三菱電機が「100年」企業の仲間入り|大手電機8社で残るは?

2021/02/02

​三菱電機が2月1日に創立100周年を迎えた。家庭から宇宙に事業領域は及び、売上高は4兆円を超える。大手電機8社で100周年に到達するのは東芝、NEC、日立製作所などに続いて6番目となるが、この機会に競合各社のルーツなどを探ってみると。

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

【ティーガイア】携帯ショップ最大手が「規模拡大」に走った成算

2020/09/10

国内最大手の携帯電話販売代理店網を持つティーガイアが、富士通系の富士通パーソナルズから携帯電話販売事業を買収する。シェアトップを維持するためのM&Aだが、成長が望めない業種だけにリスクは高い。なぜ同社はそんな決断をしたのか。M&A史を追う。

カーナビ依存のパイオニアは「開拓者」として輝きを取り戻せるか

カーナビ依存のパイオニアは「開拓者」として輝きを取り戻せるか

2018/08/13

パイオニア が、カーナビをはじめとする主力事業の車載機器事業で、複数の企業に資本参加を含めた提携を呼び掛けている。2018年4~6月期も66億円の最終赤字を計上し、赤字幅が拡大。

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

富士通も撤退!ジリ貧国産スマホ「最後の希望」はソフトバンクか

2018/02/16

富士通が携帯電話事業から事実上撤退する。かつて「わが世の春」を謳歌した国産携帯電話メーカーも、残るは3社だけ。スマートフォンの急成長とは裏腹に消滅しつつある国産メーカー。「最後の希望」は端末メーカーではなく、通信キャリアのソフトバンクだ。

【日本電気(NEC)】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティー事業を強化する「勝算」は?

【日本電気(NEC)】リストラと同時に大型M&Aでセキュリティー事業を強化する「勝算」は?

2018/02/01

NECが今世紀4回目となるリストラを断行する。今回のリストラでは、ものづくり関連事業を大胆にカットする一方で、情報システムやサービスといったソフトウエア関連事業に力を入れる。その要となるのが2018年1月の大型M&Aで強化したセキュリティー事業だ。

【ローム】パワー半導体で大手電機メーカーとの競争激化 

【ローム】パワー半導体で大手電機メーカーとの競争激化 

2017/12/07

電子部品メーカーのローム<6963>がパワー半導体事業で攻勢をかけている。パワー半導体の大手である三菱電機<6503>や東芝<6502>もSiCの育成に力を入れており、今後各社の競争が激しくなりそうだ。

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

2017/11/29

​産業用ロボット分野でM&Aの動きが表面化してきた。日本のロボットメーカーが他のロボットメーカーやロボット事業を買収する流れが強まる一方で、中国企業が日本のロボットメーカーを買収する動きも見え隠れし始めてきた。国際ロボット連盟の予測によると、産業用ロボットの稼働台数は2016年に180万台だったのが2020年には300万台に増えるという。旺盛な需要に支えられ、今後、企業買収などによる新規参入や事業拡大が活発化するのは間違いなさそうだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5