■事業系統図

(スタートトゥデイ平成28年6月有価証券報告書より)

 同社は、買収前後で顧客・取引先が離れていかぬようソフトランディングを図りつつ、人材の交流も行い、適切なタイミングで社名変更・ブランドの統一を図っているように見受けられる。今後もファッションEC市場に軸足を置きつつ、ZOZOTOWNの拡大を進める一方、EC支援により他の領域への展開も加速させていくことだろう。

 なお同社は日本国内だけでなく、昨今は海外のECプラットフォーム企業への出資も進めている。具体的にはアメリカのMaterial Wrld、タイのWearYouWant、マレーシアのFASHIONVALETへの出資が挙げられる。

 それらの企業を含め、今後は日本におけるZOZOTOWNにて培ったファッションECのノウハウを海外にも展開するため、クロスボーダーでの買収も行い、海外での事業展開を拡大することが期待される。

この記事は、企業の有価証券報告書などの開示資料、また新聞報道を基に、専門家の見解によってまとめたものです。

まとめ:M&A Online編集部