M&A速報

ソーバル<2186>、ソフト・ハード開発のモバイルコンピューティングテクノロジーズを子会社化

2012/09/03

ソーバルは、ソフトウエア・ハードウエア開発のモバイルコンピューティングテクノロジーズ(MCT、横浜市。売上高4億3400万円、営業利益300万円、純資産1億8600万円)の全株式を取得し子会社化することを決めた。取得価額は1億8700万円。取得日は2012年9月3日。

MCTは、オムロンの傘下で産業用電子機器の開発を手がけるオムロン直方(福岡県直方市)の子会社。ソーバルはMCTを子会社化することで、組込用ソフト・ハードの受託開発事業の拡大を目指す。

関連の記事

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

2017/11/29

​産業用ロボット分野でM&Aの動きが表面化してきた。日本のロボットメーカーが他のロボットメーカーやロボット事業を買収する流れが強まる一方で、中国企業が日本のロボットメーカーを買収する動きも見え隠れし始めてきた。国際ロボット連盟の予測によると、産業用ロボットの稼働台数は2016年に180万台だったのが2020年には300万台に増えるという。旺盛な需要に支えられ、今後、企業買収などによる新規参入や事業拡大が活発化するのは間違いなさそうだ。

M&A速報検索

クリア