M&A速報

オムロン<6645>、産業用ロボットの米国リーディングカンパニーを公開買付けにより子会社化

2015/10/23

オムロン(京都府)は、米国子会社を通じて平成27年9月23日より実施していた、産業用ロボットの米国リーディングカンパニーであるAdept Technology, Inc.(売上高65億円、営業利益△5億円、純資産28億円、以下、アデプト社)に対する公開買付けが10月22日をもって終了し、アデプト社が同社の連結子会社となったことを発表した。

公開買付けでは、アデプト社の発行済株式総数の83.32%(1株当たり1,560円)を取得。買付け総額は232億円(アドバイザリー費用等含む)。

その後、アデプト社は当該米国会社と略式合併しオムロンの完全子会社となる。

M&Aデータベース

関連の記事

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

産業用ロボットを巡る日中の攻防戦が勃発

2017/11/29

​産業用ロボット分野でM&Aの動きが表面化してきた。日本のロボットメーカーが他のロボットメーカーやロボット事業を買収する流れが強まる一方で、中国企業が日本のロボットメーカーを買収する動きも見え隠れし始めてきた。国際ロボット連盟の予測によると、産業用ロボットの稼働台数は2016年に180万台だったのが2020年には300万台に増えるという。旺盛な需要に支えられ、今後、企業買収などによる新規参入や事業拡大が活発化するのは間違いなさそうだ。

M&A速報検索

クリア