M&A速報

ノーリツ鋼機<7744>子会社、ドクターネットの株式を取得

2010/05/19

写真DPE用ラボ機器最大手のノーリツ鋼機の子会社であるNKリレーションズは、ドクターネットの代表者であり、筆頭株主である佐藤俊彦氏より、同氏の保有する株式全てを取得する旨の株式譲渡契約を締結したことを発表した。

NKリレーションズは、発行済み株式1,065,000株のうち、佐藤俊彦の保有する484,000 株(所有割合 45.4%)を取得する。(取得額は不明)

NKリレーションズは、ノーリツ鋼機グループの新規事業進出に関する研究・分析並びに新規事業への直接投資を行うことを目的として昨年4月に設立された当社の100%出資子会社。

ドクターネットは、医療画像を中心とした情報化、効率化により医師を含む医療従事者、医療機関、医療消費者にとって最適の医療供給体制の構築を目的に、平成14年2月に設立(創業は平成7年1月)された遠隔医療支援サービスプロバイダー。

直近の売上高は2,137百万円、経常利益は324百万円、純資産は987百万円。

ノーリツ鋼機は創業来イメージング事業に大きく依存しており、事業環境が大きく変化する中、これまでの単一的な事業構造から早期に脱却し、事業の多様化を図るため、医療分野での事業展開を目指していた。

本提携により、ノーリツ鋼機グループがドクターネットに対し、今までグループが培ってきた画像処理ノウハウやオンサイトサービスの提供等を通じてドクターネットの成長を支援していき、またこれを通じて今後のグループの業績拡大と発展を目指す。

また、NK リレーションズは、佐藤氏以外の株主からもドクターネット株式を取得し、最終的にはド

クターネットをNK リレーションズの完全子会社とすることを企図している。

M&Aデータベース

関連の記事

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

2020/04/06

2020年3月のM&A件数は前年同月を4件上回る86件となり、3月として09年(88件)以来11年ぶりの高水準を記録した。国内でも新型コロナウイルスの影響が広がる中、M&A市場への波及も懸念されていたが、数字上はひとまず先送りされた格好だ。

【ノーリツ鋼機】迅速な事業の「売りと買い」で安定成長を目指す

【ノーリツ鋼機】迅速な事業の「売りと買い」で安定成長を目指す

2020/04/02

ノーリツ鋼機は「ものづくり」「ヘルスケア」「創薬」「シニアライフ」「アグリ・フード」事業を手がける子会社の株式を保有する持株会社。かつては写真印画紙自動水洗機やモノクロフィルム自動現像機など写真店向けのDPE機器を製造・販売する会社だった。

関連のM&Aニュース