ランドクルーザー「納期は4年先」を公表したトヨタの真意は?

alt

「納車まで4年待ち」-2021年8月に14年ぶりのフルモデルチェンジしたトヨタ自動車<7203>の「ランドクルーザー(ランクル)300シリーズ」に受注が殺到。同社は自社のホームページで「ランドクルーザーは、日本のみならず世界各国でも大変ご好評いただいておりご注文いただいてからお届けするのに多大な時間を要する見通しとなっておりますことを、心よりお詫び申し上げます。今からご注文いただく際の納期は4年程度となる場合がございます」と告知したのだ。

異例の「メーカー告知」

納車待ちの期間は、販売店が顧客に伝えるケースがほとんど。メーカーが自社のホームページで4年という長期にわたる納車待ちを知らせるのは極めて異例だ。約1年の納車待ちが続くスズキ<7269>の「ジムニー」のホームページに、納期についての記載はない。

ランクルの納期を4年とする根拠は、国内年間販売予定台数の5000台に対して約2万台の受注があったためという。ランクルは一部の国で部品を輸出して現地で組み立てるノックダウン生産をしているものの、ほとんどが日本国内で生産されている。ならば増産すればよいのではないか?ところが、そう簡単な話ではない。

ランクルは中東とロシア、豪州が世界販売の約9割を占めており、日本での販売はわずかだ。ランクルは海外でも人気が高く、新車の奪い合いになっている。増産をしても、市場が小さい国内に回ってくる台数は少ない。「国内生産しているのだから手に入りやすいはず」と考えがちだが、大口顧客をそでにしてまで国内に供給するはずがないのは当然だ。

NEXT STORY

ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

ソニーが販売するEV、意外と「お安く」乗れるかも

2022/01/10

ソニーブランドのEVが誕生する。ソニーグループが米ラスベガスで開催されたテクノロジー見本市「CES」で、1月4日に明らかにした。今春にEV事業を手がける新会社を設立し、EVの市販に向けて始動する。ソニー製EVは消費者の手が届くのだろうか?