マツダの新型ロータリー車「RX-9」は本当に登場するのか?

alt

マツダ<7261>が新たなロータリーエンジン(RE)搭載車を発売するのではないか、との観測が飛び交っている。同社が昨年、ロータリーのRとeをあしらったロゴデザインや「e-SKYACTIV R-EV」「e-SKYACTIV R-HEV」「e-SKYACTIV R-Energy」を商標登録したことなどが「根拠」だ。果たしてマツダのREは再び「回る」のか?

10年にも及ぶ「ロータリーの空白」

マツダのRE車は2012年に生産中止となった「RX-8」以来、およそ10年にわたって登場していない。経営危機に陥り、RE車の存続に否定的だった米フォード・モーター傘下に入った時期ですら販売期間の空白はなく、RE車の存続が危ぶまれている。

新たに登録された商標には全て電動を示す「e」が冠されており、ロータリーエンジンを発電専用として電気モーターで走行するシリーズ方式のハイブリッド車(HV)となる可能性が高い。マツダはスポーツ多目的車(SUV)の電気自動車(EV)「MX-30」で、発電機の「レンジエクステンダー」としてREを採用する方針だ。これにより「MX-30」は、エンジンを発電専用として利用するシリーズ方式のHVとなる。

発電用にロータリーエンジンを搭載する計画の「MX-30」(同社ホームページより)

ロータリーエンジンは「ガソリン喰い」の異名をとるが、回転数を一定に保ちやすい発電機としての利用ならば燃費は向上するという。発電機としてのロータリーエンジン車の登場は大いに期待できそうだ。

一方で発電機ではなく、駆動用のエンジンとして搭載する純ロータリーエンジン車の登場を期待する声もある。これはマツダが新型車の特許として2ドアクーペのリアの構造、フロントミドシップのエンジン構造、フロント部分のスペースフレーム構造、ダブルウィッシュボーンのサスペンション形式などを申請したことが根拠だ。

NEXT STORY

COP26で右往左往の国産車メーカーがどこか「ズレてる」理由

COP26で右往左往の国産車メーカーがどこか「ズレてる」理由

2021/11/15

COP26での議論に日本車メーカーが右往左往している。エンジン車で窒素酸化物(NOx)排出削減や燃費改善などの環境対策で世界をリードし、シェアを拡大してきた日本車メーカーだが、二酸化炭素(CO₂)など温暖化ガス削減では存在感を示せていない。