M&A速報

サンヨーホームズ<1420>、ノーリツ鋼機<7744>の不動産事業子会社を子会社化

2016/11/29

サンヨーホームズ(株)(売上高477億円、営業利益△5500万円、純資産151億円)は、2017年1月5日にノーリツ鋼機(株)の子会社であるNKプロパティ(同)(売上高1000万円、営業利益△2800万円、純資産3億7200万円、以下「NKプロパティ」)の全持分を取得し、子会社化すること、及び2017年3月1日付にて同社を吸収合併(100%子会社を対象とする簡易吸収合併)することを決議したと発表した。

サンヨーホームズグループは「人と地球がよろこぶ住まい」をキャッチフレーズに、2016年4月より事業ポートフォリオを再構築し、「戸建事業」「賃貸福祉事業」「リフォーム事業」「マンション事業」「リニューアル流通事業」「ライフサポート事業」「フロンティア事業」の7つの事業により総合的な事業展開・拡大を推進している。

近年、新駅・大規模商業施設開業、さらに第二阪和国道(大谷~平井ランプ間)開通と開発著しい和歌山市北部において、土地不動産(約53万㎡)と大規模太陽光発電設備等を保有するNKプロパティの持分を取得することはその一環であり、近隣の保有開発用不動産と一体の「戸建事業」開発、今回取得土地内での「マンション事業」開発、「賃貸福祉事業」における賃貸用不動産の賃貸事業や管理事業、現在は海外ではマンション事業開発・管理、国内では軽量鉄骨のOEMと住宅用・産業用太陽光発電システムの販売等を手掛ける「フロンティア事業」にて自社メガソーラー売電事業が可能になる、としている。

持分取得価額は非公表。

持分譲渡実行予定日は2017年1月5日。

M&Aデータベース

関連の記事

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

2020/04/06

2020年3月のM&A件数は前年同月を4件上回る86件となり、3月として09年(88件)以来11年ぶりの高水準を記録した。国内でも新型コロナウイルスの影響が広がる中、M&A市場への波及も懸念されていたが、数字上はひとまず先送りされた格好だ。

【ノーリツ鋼機】迅速な事業の「売りと買い」で安定成長を目指す

【ノーリツ鋼機】迅速な事業の「売りと買い」で安定成長を目指す

2020/04/02

ノーリツ鋼機は「ものづくり」「ヘルスケア」「創薬」「シニアライフ」「アグリ・フード」事業を手がける子会社の株式を保有する持株会社。かつては写真印画紙自動水洗機やモノクロフィルム自動現像機など写真店向けのDPE機器を製造・販売する会社だった。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア