ジュエリー需要の落ち込み 4℃(ヨンドシー)HDが下方修正

alt
※画像はイメージです

4℃HDが下方修正、出会いの場が減りジュエリー需要の回復に遅れ

公開日付:2022.01.06

 ジュエリー「4℃」などを展開する(株)ヨンドシーホールディングス(TSR企業コード:740083511、品川区、東証1部)は1月6日、2022年2月期の連結業績予想を下方修正した。コロナ禍で出会いの場や機会が失われ、ギフトやブライダルジュエリーの需要が縮小したほか、クリスマス商戦も計画を下回った。

 2022年2月期の連結業績予想は、売上高383億円(前回予想405億円)、営業利益17億円(同28億円)、最終利益14億円(同22億円)を見込む。

 4℃HDは、「女性が自分用でつけるピアスなどの耳周り商材が堅調に推移している」とブランド価値向上に向けた取り組みを進めている。年間配当は、コロナの影響が一時的として2円増配の年間83円から変更せず、11期連続の増配を予定している。

東京商工リサーチ「データを読む」より

東京商工リサーチ

世界最大4億5千万件を超える国内・海外の企業情報を提供し、与信管理を支援する東京商工リサーチ(TSR)。長年の蓄積した企業情報データベースを活用し与信管理、マーケティング、調達先管理、海外企業情報に同社の情報を活用する企業は多い。 東京商工リサーチ:https://www.tsr-net.co.jp/


NEXT STORY

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

ブライダル企業「経営危険度ランキング」超大手も苦境に

2021/04/16

下記のブライダル企業経営危険度ランキングは、経営の安全性を見る3つの指標(自己資本比率、流動比率、総支払利息比率)をまとめたものです。業界基準値から差異をスコアリングして危険度を算出してみました。