M&A速報

ノーリツ鋼機<7744>、ジーンテクノサイエンス<4584>を子会社化

2016/03/28

ノーリツ鋼機は子会社を通じて、第三者割当増資とTOB(株式公開買い付け)によりジーンテクノサイエンスの株式の過半を取得し、子会社化すると発表した。

ジーンテクノサイエンスは2001年3月、北海道大学遺伝子病制御研究所における免疫関連タンパク質の研究の成果を診断薬や治療薬として開発することを目的に設立。ノーリツ鋼機の完全子会社である日本再生医療に協業の可能性について打診していたが、ノーリツ鋼機も、バイオテクノロジーで実績のあるジーンテクノサイエンスとの協業が長期的な成長基盤となると判断した。

第三者割当増資の払込金額は20億円。払込予定日は2016年4月13日。

TOBの買付価格は1株あたり3000円で、TOB公表前日終値に対して10.29%のプレミアムを加えた。買付予定数は371万6031株で、買付予定価額は111億円。買付期間は2016年4月15日から5月30日まで。上限を設定していないため、ジーンテクノサイエンスは上場廃止となる可能性もある。決済の開始日は2016年6月6日。

関連の記事

7月に社名変更する上場企業、その顔ぶれと理由は?

7月に社名変更する上場企業、その顔ぶれと理由は?

2021/06/25

7月から2021年も後半戦。下期入りに合わせ、社名変更する上場企業は5社を数える。4月の15社、10月予定の13社に比べると、数は少ないものの、7月としては例年並み(前年は6社)だ。その顔ぶれと理由は?

「パイオニア」子会社売却で再建加速 その成否は

「パイオニア」子会社売却で再建加速 その成否は

2021/03/11

香港投資ファンドのベアリング・プライベート・エクイティ・アジアの傘下で、経営再建中のパイオニア(東京都文京区)が、デジタル地図や位置情報サービスを手がける子会社のインクリメント・ピー(東京都文京区)の全事業を、投資ファンドのポラリス・キャピタル・グループ(東京都千代田区)に売却することになった。

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

【3月M&Aサマリー】86件は11年ぶりの高水準|新型コロナの影響は4月以降か?

2020/04/06

2020年3月のM&A件数は前年同月を4件上回る86件となり、3月として09年(88件)以来11年ぶりの高水準を記録した。国内でも新型コロナウイルスの影響が広がる中、M&A市場への波及も懸念されていたが、数字上はひとまず先送りされた格好だ。

大学発ベンチャーの「起源」(6) ジーンテクノサイエンス

大学発ベンチャーの「起源」(6) ジーンテクノサイエンス

2020/04/04

ジーンテクノサイエンスはがんや免疫疾患といった治療法が不十分な疾患向けのバイオ新薬をはじめ、再生医療などの研究開発に取り組む。その起源は北海道大学遺伝子病制御研究所での免疫関連タンパク質の機能研究にある。3本柱の事業で先端医療を支えている。

【ノーリツ鋼機】迅速な事業の「売りと買い」で安定成長を目指す

【ノーリツ鋼機】迅速な事業の「売りと買い」で安定成長を目指す

2020/04/02

ノーリツ鋼機は「ものづくり」「ヘルスケア」「創薬」「シニアライフ」「アグリ・フード」事業を手がける子会社の株式を保有する持株会社。かつては写真印画紙自動水洗機やモノクロフィルム自動現像機など写真店向けのDPE機器を製造・販売する会社だった。

関連のM&Aニュース

M&A速報検索

クリア