「オーダー家具」に食われた?高級家具市場

では、高級家具の顧客はどこへ行ったのか?オリジナルデザイン家具を受注生産する木工アトリエの従業員は「家具にこだわる消費者は高級品を買うのではなく、職人と話し合いながら素材からデザイン、仕上げなどを決めるオーダー品にシフトしている。高級家具に100万円を支払うぐらいなら、世界に一つしかないオリジナル製品を欲しがる人が増えてきた」と話す。

価格が高いにもかかわらず、オーダー家具のニーズは増えている。(WOODWORKホームページより)

 PBR(株価純資産倍率)は0.48倍と1倍を大きく下回り、「負ののれん」効果で大塚家具を買収した企業には特別利益が発生する。さらに大塚家具は無借金経営を貫いてきた。もしも久美子社長の経営手腕が業績低迷の原因であると判断されれば、「お買い得」物件の「久美子社長抜きの大塚家具」は引く手あまたのはず。

にもかかわらずスポンサー探しが難航しているのは、低価格以外の家具販売業界に将来展望が見えないからだ。図らずも大塚家具の「身売り」難航が、久美子社長の経営手腕だけが業績不振の原因ではないことを証明していると言えそうだ。

文:M&A Online編集部