M&A速報

ティーケーピー<3479>、ホテル向け人材サービスの品川配ぜん人紹介所を子会社化

2019/07/01

ティーケーピーは、ホテル向けを中心に配ぜん人材の派遣・紹介を手がける品川配ぜん人紹介所(東京都港区。売上高8億4600万円、営業利益43万9000円、純資産9210万円)の全株式を取得し子会社化した。

品川配ぜんは1970年に設立し、現在約3800人の登録者を抱える。ティーケーピーは「ガーデンシティ」ブランドでホテル宴会場を運営し、必要なサービススタッフは外部手配の配ぜん会社に依存していた。品川配ぜんを傘下に取り込むことで、サービススタッフの増員や人材研修制度の一本化を通じてグループ全体のサービスレベル向上につなげる。

また、ティーケーピーは今後、総合的なホテル宴会場運営支援事業への参入を予定しており、他ホテルへの人材支援や集客支援にも幅広く応じられる体制づくりを目指す。

取得価額は非公表。取得日は2019年7月1日。

M&Aデータベース

関連の記事

貸会議室のTKP、ウィズコロナ時代の乗り切り方は?

貸会議室のTKP、ウィズコロナ時代の乗り切り方は?

2020/07/22

貸会議室大手のティーケーピー(TKP)の業績に急ブレーキがかかっている。新型コロナ感染の拡大で、貸会議室や宴会場の需要が減り、2020年3~5月期決算の最終損益は14億7100万円の赤字(前年同期は4億900万円の黒字)に転落した。

新型肺炎でセミナー、講演会の中止相次ぐ―大手TKPの株価直撃

新型肺炎でセミナー、講演会の中止相次ぐ―大手TKPの株価直撃

2020/02/27

新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、イベントや集会の中止や延期が相次いでいる。そうなると、最初に打撃を受けるのが、イベント会場を提供する企業だ。国内最大手の貸会議室・ホール運営のティーケーピーも例外ではない。すでに株価に影響が出ている。

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

買収総額は前年の2倍に 2019年の住宅・不動産業界

2019/12/19

2019年の住宅・不動産業界でのM&Aは件数で前年(22社)の約1.4倍の31社、取引総額でも前年(1026億9620万円)の約2.1倍の2221億5800万円と大きく成長。東証適時開示情報のうち経営権の移動を伴うM&Aについて集計した。​

お家騒動で弱った大塚家具を子会社化したヤマダ電機の「勝算」は

お家騒動で弱った大塚家具を子会社化したヤマダ電機の「勝算」は

2019/12/14

ヤマダ電機が業績不振に苦しむ大塚家具が実施する約43億円の第三者割当増資を引き受け、子会社化すると発表した。大塚家具はすでに業務提携をしているヤマダ電機との協業を強化し、経営再建を目指す。では、ヤマダ電機はなぜ大塚家具を「救済」するのか?

増資で241億調達したTKP、のれんの株主資本比率は390%から120%に

増資で241億調達したTKP、のれんの株主資本比率は390%から120%に

2019/10/20

貸会議室のTKPが公募増資により241億円を調達しました。資金は買収したリージャスの短期借入金などに充てられます。同社ののれんは430億円。のれんの株主資本比率は増資により390%から120%まで下がりましたが、苦しい船出となりそうです。

久美子社長の手腕は関係ない?大塚家具「身売り」で分かったこと

久美子社長の手腕は関係ない?大塚家具「身売り」で分かったこと

2018/08/12

大塚家具の業績悪化に歯止めがかからず、ついに「身売り」話が取り沙汰される事態になっている。大塚家具も「身売り」を否定しておらず、水面下で交渉が続いている模様だ。大塚久美子社長の経営手腕に批判が集まるが、本当にそれだけが経営不振の原因なのか?

大塚家具、TKPとの業務・資本提携で業績不振を乗り越えられるか

大塚家具、TKPとの業務・資本提携で業績不振を乗り越えられるか

2017/11/26

2015年12月期に約110億円あった現預金が、わずか1年9カ月で約20億円となってしまった大塚家具。11月6日に貸会議室運営のティーケーピーとの業務・資本提携を正式発表したが、この提携で難局を乗り越えられるか。大塚家具の現状を東京商工リサーチが取材した。

M&A速報検索

クリア