ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

【カネカ】M&Aで航空・宇宙市場を開拓 なるか知名度、急上昇

alt
カネカ東京本社が入る東京赤坂のアーク森ビル

M&A、新製品、新素材の三つのバランスをどうとるのか

 カネカは1949年(昭和24年)に「鐘淵化学工業株式会社」として資本金2億円で創立し、同年に塩化ビニル樹脂「カネビニール」を開発した。以来、化成品、機能性樹脂、発泡樹脂・製品、食品、ライフサイエンス、エレクトロニクス、合成繊維などの分野でメーカーとして活動してきた。

 2009年9月1日に創立60周年を迎えたのを機に2020年を最終年度とする長期経営ビジョン「KANEKA UNITED宣言」を策定。「環境・エネルギー分野」「健康分野」「情報通信分野」「食料生産支援分野」を四つの重点分野として定めるとともに、海外売上高比率を40%から70%にまで引き上げることなどを目標にした成長戦略を描いた。

 そのうえでこれまでの事業部組織を改編し、四つのユニットにまとめ直した。それが地球環境保護と快適な暮らしに貢献する「Material Solutions Unit」、省エネルギーと豊かなくらしの創造に貢献する「Quality of life Solutions Unit」、高齢化社会・医療高度化社会に貢献する「Health Care Solutions Unit」、健康と豊かな「食」に貢献する「Nutrition Solutions Unit」だ。

〇カネカのユニット別の売上高

ユニット名 売上高
Material Solutions Unit 2830億円         
Quality of life Solutions Unit  2500億円
Health Care Solutions Unit  1400億円
Nutrition Solutions Unit  2000億円

 カネカは2020年3月期に売上高8800億円、営業利益870億円を目指している。そして、それぞれのソリューションユニットの売り上げは「Material」が2017年3月期比32%増の2830億円、「Quality of life 」が同28%増の2500億円、「Health Care」が同16%増の1400億円、「Nutrition」が同23%増の2000億円といった具合になる。ちなみに航空・宇宙分野は最も大きな売上規模となる「Material Solutions Unit」に属する。

 この数字達成のための方策として新製品や新素材の提供と並んで、力を入れて取り組んでいくのがM&A。技術や市場を持つ企業を傘下に収めることで、成長のスピードを上げていく作戦だ。  

NEXT STORY

炭素繊維需要に薄日が 2018年は反転か

炭素繊維需要に薄日が 2018年は反転か

2018/01/13

2016年にマイナス成長に陥っていた炭素繊維に薄日が差し始めた。