カネカ(大阪府)は、持分法適用関連会社(所有割合29.61%)のセメダイン(東証2部上場、東京都)を連結子会社化するため、同社の株式を公開買付けにより取得することを決議した。

カネカは、セメダインの連結子会社化により、接着剤をより有効に使用するための技術と同社グループが保有する原料樹脂に関するポリマー合成技術を組み合わせ、欧米市場に相互の事業基盤を強化し、また、両社の製品ラインナップを相互の販路を活用することにより拡販し、業容を拡大するとしている。

公開買付の買付価格は1株あたり576円で、前日終値に対して14.74%のプレミアム。買付予定数は3,212,000株、下限は設定されておらず、上限は3,212,000株。買付予定価額は18億円。

買付期間は平成27年12月9日から平成28年1月13日。

本公開買付成立後も引き続き対象者株式の上場を維持する方針であることから、買付予定数の上限を3,212,000 株(所有割合21.39%)とし、本公開買付けにより当該3,212,000 株の買付け等を行った後に同社が所有することとなる対象者株式(7,657,000 株)の所有割合は51.00%としている。