積水化成品工業は、カネカの100%子会社で合成樹脂製品メーカーのサンポリマー(埼玉県蓮田市)からポリスチレンペーパー(PSP)事業を取得すると発表した。

PSP事業は、原料ポリスチレンの高騰や食品容器用素材の多様化などにより、厳しい事業環境下にある。こうした中、カネカはグループのPSP事業を積水化成品工業に譲渡することで同事業を強化するのが最善と判断した。

サンポリマーの売上高は78億2000万円で、そのほとんどがPSP事業関連。

取得価額は未定。取得予定日は2009年1月末。