M&A速報

桧家住宅<1413>、戸建分譲会社の石塚建設工業など2社を子会社化

2008/01/07

桧家住宅は、戸建分譲事業の石塚建設工業(東京都西東京市。売上高32億4000万円、営業利益1億2000万円、純資産10億8000万円)と、不動産売買を手がける住宅建設(東京都西東京市。売上高1億1100万円、営業利益△3億800万円、純資産300万円)の全株式を取得し子会社化することを決議した。

石塚建設工業と住宅建設は経営者が同じで、約33年にわたり西武線沿線で事業を展開している。しかし現経営陣の高齢化と後継者不在のため、桧家住宅に対し株式譲渡の提案をしていた。桧家住宅はこれまで注文住宅に特化してきたが、今回の子会社化により土地の取得・販売や住み替えの仲介など総合的な住宅事業への展開を目指す。

取得価額は未定。取得予定日は2008年2月18日。

関連の記事

【9月M&Aサマリー】2カ月連続で前年下回る61件|ソフトバンクGは英アームを4.2兆円で売却

【9月M&Aサマリー】2カ月連続で前年下回る61件|ソフトバンクGは英アームを4.2兆円で売却

2020/10/05

2020年9月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比8件減の61件だった。前年を下回るのは2カ月連続。前月比では7件減った。新型コロナの状況下、1~9月の累計件数では前年と同水準を維持しているものの、足元では一服感が広がってきた形だ。

【8月M&Aサマリー】前年を5件下回る68件|セブンは歴代4位の2.2兆円で米コンビニ買収

【8月M&Aサマリー】前年を5件下回る68件|セブンは歴代4位の2.2兆円で米コンビニ買収

2020/09/02

2020年8月のM&A件数(適時開示ベース)は前年同月比5件減の68件だった。前年を下回るのは4カ月ぶり。前月比では2件減った。新型コロナの影響下でも増勢が続いていたM&A市場が踊り場を迎えたかどうかを判断するうえで9月の動向が注目される。

【ヒノキヤグループ】M&Aの「魔術」で下請け工務店が一部上場

【ヒノキヤグループ】M&Aの「魔術」で下請け工務店が一部上場

2018/04/05

2018年4月、桧家ホールディングスが「ヒノキヤグループ」に社名変更した。これに先立つ同年3月、同社は東証一部に上場している。創業からわずか30年で押しも押されもせぬ注文住宅会社となったヒノキヤグループ。急成長の原動力となったのはM&Aだった。

2018年は住宅建築業界でM&Aが加速する

2018年は住宅建築業界でM&Aが加速する

2017/12/05

相続税対策の賃貸バブルが支えた住宅新築が頭打ちに。次に来るのはM&Aだ。

M&A速報検索

クリア

アクセスランキング

【M&A速報】よく読まれている記事ベスト5