ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

au傘下の「じぶん銀行」が景気先行指標サービスを提供する理由

alt
左から じぶん銀行の井上執行役員、臼井社長、IHSマークイットジャパンの竹内社長、田口首席エコノミスト

狙うは市場性商品の「顧客囲い込み」

「市場性商品専門のアフリエイトサイトは少なく、獲得単価も高い。広告などのマスメディア広告は市場性商品の潜在顧客層に効率よく届かない。PMIにもとづく情報発信を経済メディアにニュースとして取り上げてもらえれば、潜在顧客層にも伝わり、じぶん銀行のブランディングにも役立つ」と、井上執行役員は明かす。

じぶん銀行はauブランドで移動体通信サービスを提供するKDDI<9433>と三菱UFJ銀行が折半出資するネット銀行で、約70%の顧客がauユーザー。同行では他キャリア(通信事業者)ユーザーからの顧客獲得も狙っており、他のネット銀行にないサービスで集客を図る狙いもある。

一方、IHSマークイットジャパンの竹内三十郎社長は、au系のじぶん銀行と提携した理由について「スポンサーシップの条件よりも、同行のビジョンに将来性を感じたのが決め手になった」と話す。じぶん銀行の臼井朋貴社長は「当面は自社サイトでの情報提供だが、将来は個別顧客向けの情報サービスや、PMIにもとづく金融商品の開発も検討したい」と、意欲を燃やしている。

文:M&A online編集部


M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

スペースシャワーが買収「インフルエンサーマーケティング」とは

スペースシャワーが買収「インフルエンサーマーケティング」とは

2019/02/28

スペースシャワーネットワークが2019年2月25日、同3月1日付でインフルエンサーマーケティング事業を手がけるGROVEの株式を追加取得し、持ち株比率を53.01%に高めて子会社化すると発表した。「インフルエンサーマーケティング」とは何か?

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5