岩手銀行の沿革

主 な 出 来 事
1932年(昭和7年) 岩手殖産銀行設立
1941年(昭和16年) 陸中銀行吸収合併
1943年(昭和18年) 岩手貯蓄銀行吸収合併
1960年(昭和35年) 岩手銀行と行名改称
1962年(昭和37年) 外国為替業務取扱開始
1966年(昭和41年) コンピュータ導入、預金残高1,000億円達成
1973年(昭和48年) 当行株式東京証券取引所第2部上場
1974年(昭和49年) 東京証券取引所第1部に指定、第1次オンラインシステム稼働
1977年(昭和52年) 預金残高5,000億円達成
1979年(昭和54年) 外国部新設
1980年(昭和55年) 第2次オンラインシステム完成
1981年(昭和56年) 証券業務取扱開始、新本社竣工、預金残高1兆円達成
1985年(昭和60年) 公共債ディーリング業務開始
1986年(昭和61年) 公共債フルディーリング開始、債券先物市場への直接参加資格取得
1987年(昭和62年) 地域CDオンライン業務提携開始
1988年(昭和63年) 担保附社債信託業務の営業免許取得
1989年(平成元年) 資本金100億円を突破、コルレス包括承認銀行へ昇格、金融先物取引業開始
1990年(平成2年) CD等の日曜日稼働(サンデーバンキング)開始
1992年(平成4年) 第3次オンラインシステム稼働
1993年(平成5年) 釜石信用金庫の事業譲受、香港駐在員事務所設置
1994年(平成6年) 中国銀行とのコルレス契約締結
1998年(平成10年) CD・ATMの祝日稼働開始、証券投資信託窓口販売業務取扱開始
1999年(平成11年) 信託代理店業務取扱開始
2001年(平成13年) 損害保険代理店業務取扱開始
2002年(平成14年) 生命保険窓口販売業務取扱開始
2003年(平成15年) 新営業店システム全店稼働
2004年(平成16年) 確定拠出年金業務取扱開始、証券仲介業務取扱開始
2005年(平成17年) 勘定系システムをNTTデータ地銀共同センターへ移行
2011年(平成23年) 震災復興計画「いわぎん震災復興プラン ~ 地域社会の再生をめざして ~」策定
2018年(平成30年) 監査等委員会設置会社へ移行


文:M&A online編集部