後継者に必要な教育とは?

事業承継を行う前準備として、経営者は引退後にやりたいことを記した今後の人生プランを立てるほかに、次世代の経営を担う後継者を選定し、育成しておく必要があります。後継者教育には、「社内」で行うものと「社外」で行うものがあります。今回は、後継者に必要な教育の内容についてお伝えします。

社内で行う後継者教育

社内で行う後継者教育には、次のようなものがあります。

1.経営者と後継者との情報共有
現状、親子間などの親族内承継でも、会社経営については腹を割って話せるチャンスが今までになく、お互いに考えていることがわからないという状況であることが多いです。今後、会社を成長させていくためには、従業員にも経営理念や経営方針を浸透させることが必要です。そのためには、事業承継の前に経営者と後継者が話し合う時間を設け、お互いの考えや思いを共有・理解しておくことです。

経営者は、創業したきっかけや事業展開してきた歴史、会社経営を続けてきた中でピンチに直面した時に乗り越えた方法、経営理念に対する思いなどを後継者に伝え、後継者は、今後どのように会社を経営していきたいかという考えや経営革新したい事業の構想などを経営者に伝えます。これらを文字やデータにして見える化し、経営者と後継者で共有することが大事です。

2.各部署の業務内容やプロセスの理解
後継者を営業部、製造部、総務部の部長などの責任者に任命します。一定期間で部門間をローテーションさせることで、自社の各部署が行っている業務内容やプロセスを理解させます。

3.経営陣としての育成
後継者が各部署の業務プロセスを理解したら、次の段階として、常務取締役、専務取締役などの役員に任命します。重要な取引先や顧客の把握、業界動向や市場動向の分析、事業計画の策定、経営の意思決定、外部との交渉などを経験させることで、経営者としての責任感、判断力、リーダーシップ力を身につけさせます。