中小企業の記事一覧

中小企業の3割超が事業再編を視野に 東商アンケート

中小企業の3割超が事業再編を視野に 東商アンケート

東京商工会議所は11月26日、「中小企業の経営課題に関するアンケート」結果を公表した。向こう3~5年間の自社業界の市場規模について7割余りの企業が横ばいか縮小を見込む中、全体の3割超が事業再編のスキームを視野に入れていることが明らかになった

記事を読む
中小企業関係に3兆8694億円 補正予算案を閣議決定

中小企業関係に3兆8694億円 補正予算案を閣議決定

政府は11月26日の臨時閣議で、新たな経済対策などを盛り込んだ2021年度補正予算案を決定した。中小企業関係は3兆8694億円を計上し、事業再構築補助金の補助率引き上げや特別枠設定などに踏み切る。

記事を読む
「会社を”守る”M&A、”伸ばす”M&A」|編集部おすすめの1冊

「会社を”守る”M&A、”伸ばす”M&A」|編集部おすすめの1冊

2020年の企業倒産件数は前年比7.3%減の7773社。30年ぶりに8000件を下回った。「コロナ禍で経営環境は厳しかったのでは?」と思うかもしれない。これは国や自治体が手厚い資金繰り支援を実施したため、業績不振の企業も生き残れたからだ。

記事を読む
中小PMI指針で「維持型」の取り組み重視へ

中小PMI指針で「維持型」の取り組み重視へ

中小企業庁は11月22日、「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第2回会合を開き、小規模M&Aにおける事業の継続性を確保する「維持型PMI」の実施体制などを論議した。

記事を読む
元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

元メガバンク行員が語る、銀行にM&Aを相談するメリットは?

M&Aの検討をする際、多くの方は取引銀行に相談をしようと考えているのではないだろうか? 取引銀行には経営状況について細かく相談している場合が多く、財務諸表など様々な資料を出している。今回はM&Aの相談を銀行にするメリットについて説明する。

記事を読む
出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

出前館、資本金を550億円減資し1億円 中小企業扱いに

フードデリバリーサービスの出前館は11月12日、資本金を約550億円減少し1億円に減資すると発表した。資本金の額のみ減少し、減少分をその他資本剰余金に振り替える。

記事を読む
中小企業庁、中小M&A実施後の経営統合に関する指針策定へ

中小企業庁、中小M&A実施後の経営統合に関する指針策定へ

中小企業庁は、2021年10月5日、既存の事業承継ガイドライン改訂検討会の下に新設した「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」の第1回会合を開催しました。

記事を読む
M&A税務(1)経営資源集約化税制(準備金制度)

M&A税務(1)経営資源集約化税制(準備金制度)

「中小企業の経営資源の集約化に資する税制(経営資源集約化税制)」とは、経営力向上計画に基づいてM&Aを実施した場合、税制措置を活用することができる制度です。今回は「中小企業事業再編投資損失準備金」制度について説明します。

記事を読む
「M&A支援機関」不適切対応の情報受付窓口を設置-中小企業庁

「M&A支援機関」不適切対応の情報受付窓口を設置-中小企業庁

中小企業庁は11月12日、M&A支援機関登録制度の創設に伴う専用の情報提供受付窓口を設置した。支援機関である専門業者などが契約相手の中小企業者に取った不適切なサポート対応を一元的に可視化・共有し、登録制度の円滑な運用に役立てるのが狙い。

記事を読む
岸田政権、新しい資本主義実現会議でSPAC導入などを緊急提言

岸田政権、新しい資本主義実現会議でSPAC導入などを緊急提言

政府の新しい資本主義実現会議は8日、岸田内閣が最優先で取り組むべき施策に関する緊急提言をまとめた。米国などで導入されている特別買収目的会社(SPAC)制度の検討や、スタートアップの創出と成長・発展を促す新たな上場環境の整備などを進める。

記事を読む
【相談所】中小企業でも上場できるの?

【相談所】中小企業でも上場できるの?

「ウチは中小企業だから、上場なんて、夢のまた夢」と思っている経営者の方に向けて、株式の上場(新規株式公開、IPO)を諦める必要はないことをお伝えいたします。

記事を読む
【M&A相談所】コロナ禍で赤字に。売却は延期すべき?

【M&A相談所】コロナ禍で赤字に。売却は延期すべき?

2年前から売却を検討しています。当初は妥当な株価で売却できると見込んでいましたが、新型コロナの影響で業績が落ち込み、赤字になってしまいました。コロナ禍による一時的な業績悪化だと思いますが、売却はしばらく延期したほうがよいのでしょうか。

記事を読む
経営者の相続対策、平等な相続のために~負担付贈与とは

経営者の相続対策、平等な相続のために~負担付贈与とは

「経営を引き継がせる子供には、ある程度の負担も残したい…」。このように考える経営者もいるのではないだろうか?特に近年は家長制が完全に崩壊し相続にまつわるもめごとは確実に増えている。

記事を読む
子は事業承継を望まない「無関心層」が最多 日本公庫の調査結果で

子は事業承継を望まない「無関心層」が最多 日本公庫の調査結果で

日本政策金融公庫総合研究所は10月28日、親が事業を経営または経営していた人を対象に行った「子どもの事業承継意欲に関する調査」結果を公表した。後継者が決まっていないケースでは、親の事業の承継を望まない「無関心層」の割合が最も多かった。

記事を読む
「事業承継を乗り切るための組織再編・ホールディングス活用術」|編集部おすすめの1冊

「事業承継を乗り切るための組織再編・ホールディングス活用術」|編集部おすすめの1冊

今週の一冊は「事業承継を乗り切るための組織再編・ホールディングス活用術」。タイトルから想像しにくいが、実は税理士による税理士のための一冊。会計・税務や決算対策などの従来業務に加え、事業承継まで支援できる“提案型税理士”を目指すための指南書。

記事を読む
経営者の相続対策、「信託銀行」の活用法は?

経営者の相続対策、「信託銀行」の活用法は?

経営者にとって気になる相続対策。今回は上場会社の株を大量に保有している場合の相続対策と未成年の相続人に事業を引き継がせたい場合の有効なスキームを紹介する。

記事を読む
「中小企業M&A 株式譲渡の税務」|編集部おすすめの1冊

「中小企業M&A 株式譲渡の税務」|編集部おすすめの1冊

政府の中小企業M&A推進策の一つとして注目される、株式譲渡税制。以前は事業承継や企業売却で中小企業の株式を譲渡しようとする際に納付しなければならない税金が高く、中小企業M&Aの足かせになっていたとの指摘があった。そのため近年は改善が目立つ。

記事を読む
「オーナーの視点から考える事業承継型M&Aの法務・税務戦略」|編集部おすすめの1冊

「オーナーの視点から考える事業承継型M&Aの法務・税務戦略」|編集部おすすめの1冊

「事業承継を検討している経営者が法務、税務の観点から最適解を発見できることを目的にまとめられたのが本書。同時に税理士や金融機関、コンサルティング会社の担当者らにも参考になるように仕上げてある。

記事を読む
パソコン教室「アビバ」を再生に導いたベーシック・キャピタル・マネジメントとは

パソコン教室「アビバ」を再生に導いたベーシック・キャピタル・マネジメントとは

ベーシック・キャピタル・マネジメントは中小企業に特化した投資ファンドです。2005年5月「アビバ」に出資をして再生支援をしました。2021年6月には菓子の製造機器の開発などを行うマスダックを買収しました。マスダックは「東京ばな奈」なども生産しています。

記事を読む
中小M&A実施後のPMI指針を策定へ 中小企業庁

中小M&A実施後のPMI指針を策定へ 中小企業庁

中小企業庁は2021年度、既存の「事業承継ガイドライン改訂検討会」の下に新設した「中小PMIガイドライン(仮称)策定小委員会」で、M&Aの効果を最大化するPMIの在り方や進め方を話し合い、新たなガイドラインを取りまとめる。

記事を読む
「事業承継ガイドライン」 と「中小M&Aガイドライン」の違いは

「事業承継ガイドライン」 と「中小M&Aガイドライン」の違いは

政府は中小企業の第三者承継(事業承継)や参入業者が相次ぐM&Aに関する政策に力を入れています。今回のコラムでは、混同しやすい「事業承継ガイドライン」「事業引継ぎガイドライン」「中小M&Aガイドライン」の違いについてお伝えいたします。

記事を読む
中小企業庁の「M&A支援機関」、2253件が登録

中小企業庁の「M&A支援機関」、2253件が登録

中小企業庁は10月7日、新たな「M&A支援機関登録制度」に登録されたファイナンシャルアドバイザー(FA)及び仲介業者の最終結果を公表した。登録要件を満たしたのは2253件で、M&A専門業者が930件と半数近くを占めた。

記事を読む
「事業承継で60万社の黒字廃業を防げ」M&A仲介協会が初会見

「事業承継で60万社の黒字廃業を防げ」M&A仲介協会が初会見

「M&A仲介協会」が7日、東京都内で記者会見を開いた。三宅卓代表理事(日本M&AセンターHD社長)は「国内中小企業経営者の高齢化が進み、後継者未定の中小企業が127万社もある。協会設立で事業承継を増やし、優良企業を残したい」と抱負を述べた。

記事を読む
「M&A仲介」各社、初の業界団体を旗揚げ

「M&A仲介」各社、初の業界団体を旗揚げ

M&A仲介業者による初の業界団体「M&A仲介協会」が10月1日に発足した。後継者不足などに直面する中小企業が安心してM&Aに取り組める基盤整備が目的で、適正な取引ルールの徹底などを通じ、M&A仲介サービスの品質向上と業界の健全な発展を目指す。

記事を読む
M&Aの相続対策、改めて考える相続対策の「贈与」とは?

M&Aの相続対策、改めて考える相続対策の「贈与」とは?

M&Aを行い多額の資金が入ってくると、相続対策を行う必要がある。相続対策には様々な種類があり、すぐに始めることができ、効果が高いのは贈与を行うことだ。しかし、一口に贈与といっても相続対策の贈与には様々な種類がある。

記事を読む