ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

事業承継補助金を大幅増額 中小企業庁

alt

 中小企業庁は2018年の事業承継補助金総額を2017年の2億円から30億円に増額する。地域の事業をしっかりと引き継ぎ、後継者が新しい事業に挑戦するのを積極的に後押しするのが狙い。12月22日に閣議決定した。

 地域経済に貢献する中小企業が対象で、事業承継をきっかけに事業転換や経営革新に取り組む企業に対して補助金を交付する。新商品や新分野の参入、製造ラインのIT化、顧客管理システムの刷新などが対象となり、200万円を上限に事業費の3分の2を補助する。

 中小企業庁は2017年7月に「事業承継5ケ年計画」をまとめており、5年間で25万-30万社の事業承継診断を行うとともに、小規模M&Aマーケットの形成を狙いに、事業引継ぎ支援センターの強化などを打ち出していた。今回の補助金の増額もこの取り組みの一環。


文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

中小機構が事業引継ぎ支援センターの相談能力向上へ

中小機構が事業引継ぎ支援センターの相談能力向上へ

2017/12/08

中小企業事業引継ぎ支援全国本部 来春から全国の事業引継ぎ支援センターの相談対応能力向上に着手する。現在6人の事業引継ぎ支援プロジェクトマネージャーを10人近くにまで増やし、4月から新体制をスタートさせる。