事業承継を行う際、後継者の選定は、経営者の重要な役割です。次世代の経営者としての適任者を選ばなければ、会社の存続・成長は見込めません。実際、2代目・3代目社長の経営に対する意識や管理能力の不足により、会社が廃業したという話はよく耳にします。

今回は、後継者選定のポイント、後継者選定後の留意点、後継者の育成についてお伝えします。

1.後継者選定のポイント

後継者を選定するポイントを大きく分けると、「経営者として必要な資質や能力あるか」といった能力面と、「後継者が本気で会社を継ぐ覚悟があるか」といったマインド面の2点があります。

(1)<能力面>
・経営に必要な知識(財務、税務、法務、労務等)を理解する力があるか
・従業員や組織全体を動かす力(コミュニケーション力、リーダーシップ、マネージメント力、従業員からの信頼)があるか
・物事を適切に判断して実行できる力があるか

(2)<マインド面>
・会社の経営と従業員の生活を背負う覚悟があるか
・経営者に忠誠心がある古くからの従業員と関係性を構築する覚悟があるか
・経営者から借入金の連帯保証や担保を引き継ぐ覚悟があるか

 後継者選びを失敗しないためには、まず、経営者は後継者候補(ご子息、親族、従業員、外部関係者等)とコミュニケーションをとる機会を設け、会社に対する思いや経営の現状を伝え、後継者候補の心を開くことが大事です。次に、後継者候補から会社を継ぐ意思や覚悟、本音や不安要素を聞き出したり、後継者候補の経歴や実績を調査したり、社内で実働してもらうことで、次期経営者として必要な資質や能力があること見極めます。

 後継者選定後の留意点として、次のようなポイントがあります。