前澤氏のZOZO株売却は「ポストコロナ」の投資行動として正解

alt
国際宇宙ステーションに滞在して話題になった前澤氏がZOZO株を売却(Photo By Reuters)

ZOZO<3092>創業者の前澤友作氏が、8月19日付で保有する同社株270万株を売却したことが明らかになった。同日の終値3185円で計算すると、売却額は85億9950万円となる。これにより前澤氏の持ち株比率は10.89%から9.99%に下がった。今回の売却は新会社設立プロジェクト「MZDAO」立ち上げのためだが、ポストコロナ時代の投資行動としても「正解」と言える。なぜか。

「コロナ特需」で成長が加速したZOZOだが…

ファッション通販サイトを運営するZOZOは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染爆発に伴う緊急事態宣言などの発令で、リアル(実)店舗が休業または営業時短の短縮を余儀なくされたのに加えて、消費者が外出を自粛した影響などで売り上げが伸びる「コロナ特需」の恩恵を受けた。

ZOZOの2021年3月期連結決算は、売上高が前期比17.4%増の約1474億円、営業利益が同58.3%増の441億円、経常利益が同60.6%増の443億円、当期利益が同64.5%の309億円と大幅に伸びた。

2022年3月期決算も売上高が同12.8%増の1661億円、営業利益が同12.5%増の496億円 、経常利益が同11.9%増の496億円、当期利益が同11.5%増の344億円と好調を維持している。

だが、本格的なポストコロナ時代になれば、ZOZOを潤わせていた「コロナ特需」は消えていくだろう。過去最大の感染者を出した「第7波」では政府や自治体による行動制限が一切なく、小売店の大半は平常通り営業を続けている。

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

ホワイトナイトの麻生が旧村上ファンド系企業から大豊建設を救済 2022年7月の大量保有報告書

ホワイトナイトの麻生が旧村上ファンド系企業から大豊建設を救済 2022年7月の大量保有報告書

2022-08-03

大豊建設に対し株主還元などを求めていた旧村上ファンド系のシティインデックスイレブンスが7月22日に、大豊建設株39.81%を手放し保有割合を3.55%に引き下げたことが分かった。

関連のM&A速報