米決済大手のペイパルがペイディを3000億円で買収へ

alt
9月7日、米決済大手ペイパル・ホールディングスは後払いサービスのペイディ(東京・港)を3000億円で買収すると発表した。7月撮影(2021年 ロイター/Dado Ruvic/Illustration)

[7日 ロイター] - 米決済大手ペイパル・ホールディングスは7日、後払いサービスのペイディ(東京・港)を3000億円で買収すると発表した。買収は現金で行う。今年10─12月までに完了させる予定。

ペイディの創業者であるラッセル・カマー会長と杉江陸社長兼最高経営責任者(CEO)は留任する。

BNPL(バイ・ナウ・ペイ・レイター)」と呼ばれる後払い決済サービス分野では、米決済サービス大手スクエアがこのほど、豪アフターペイを290億ドルで買収すると発表している。

英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は8月、ペイディが上場を検討していると報じていた。

BNPLの事業モデルは、米連邦政府の新型コロナウイルス給付金支給を背景に、大きな成功を収めており、消費者信用市場のあり方を一変させている。

BNPL事業者は、小売店(加盟店)に立て替え払いをし、手数料を請求。消費者は、事前審査なしに無利子の分割払いで返済する。

一部報道によると、アップルやゴールドマン・サックスも参入を準備している。

ペイパルは、今回の買収により、世界3位の電子商取引市場である日本で国内決済事業を強化し、既存の国際電子商取引事業を補完できると表明した。

同社は、今回の買収に伴う2022年の調整後1株利益の希薄化は最小限にとどまると表明した。

ロイター・ニュース・アンド・メディア・ジャパン

ロイターは世界最大級の国際マルチメディア通信社です。2,500人以上のレポーターと 200以上の拠点を擁し、世界中で生み出される質の高いロイターのニュースは、16を超える言語で毎日配信され、世界各地の数十億人に届けられるなど、その規模は業界随一を誇ります。1851年の設立以来、独立性、高潔性、中立性を柱とする信頼の原則を一環して守り続けています。揺るぎない信頼性をこれからも維持したまま世界各地からニュースをお届けできるよう、たゆまぬ努力を続けていきます。

NEXT STORY

決済処理サービスにメガ事業者が誕生 -米バンティブ、同業の英大手を買収-

決済処理サービスにメガ事業者が誕生 -米バンティブ、同業の英大手を買収-

2017/10/10

米決済処理サービスのバンティブは、英ワールドペイを買収する。買収額は93億ポンド(約1.37兆円)となる見込み。買収が実現すれば、時価総額200億米ドル(約2.3兆円)を超える決済処理のガリバーが誕生することになる。