コロナ禍、ベンチャー投資が6年ぶりに減少|VEC速報

alt
写真はイメージです(東京・大手町)

ベンチャーエンタープライズセンター(VEC、東京都千代田区)がまとめた2020年度(2020年4月~21年3月)の国内ベンチャーキャピタル(VC)による投資金額(速報)は前年度比22.4%減の2243億円となり、6年ぶりに減少した。2020年初めからの新型コロナウイルス感染拡大を受けて一転、ベンチャー投資に慎重姿勢が広がったとみられる。

国内向け投資、26%の大幅ダウン

国内VCの投資金額はリーマンショック後の2009年度の875億円を大底に、これ以降はほぼ右肩上がりに増えてきた。2019年度は2891億円と、調査を開始(2000年度)して以降過去最高を記録し、ベンチャー投資の盛り上がりを如実に示した。

これに対し、2020年度はコロナ禍と重なり、とりわけ国内向けが後退した。投資金額の内訳をみると、国内向けが前年度比26.1%減の1604億円、海外向けが同4.5%減の637億円、国内外不明が1.3億円。国内向けは6年ぶりに、海外向けは2年連続で減少した。

一方、投資件数は1439件で、前年度(1748件)を約18%下回った。内訳は国内1191件(前年度1490件)、海外248件(同258件)で、国内向けが大きく落ち込んだ。

新規ファンド組成金額は過去最高に

2020年度に新規組成されたファンドは49本(前年度53本)、4390億円(同2520億円)。組成金額は74.2%の大幅増を示し、過去最高となった。投資機会をうかがい、待機資金が積みあがっている格好だ。

今回発表した速報値は8月26日までに回答のあったVC114社のデータを集計。11月に公表する確定値はこれ以降に到着したデータを組み込むため、速報値から若干増加する可能性があるとしている。

文:M&A Online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。


NEXT STORY

「起業家のために汗をかく」作戦とは ジャフコ グループの南黒沢晃パートナーに聞く

「起業家のために汗をかく」作戦とは ジャフコ グループの南黒沢晃パートナーに聞く

2021/07/19

ベンチャーキャピタル専業大手のジャフコ グループは、2020年10月に社名をジャフコからジャフコ グループに変更した。社名を変えることでどのような変化を見込んでいるのか。同社パートナー の南黒沢晃氏に狙いなどを聞いた。