「安全資産」とされる貴金属。とりわけ新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミック(世界的流行)にもかかわらず高騰を続ける株価の警戒感から、本来なら貴金属相場が下落する要因となる株高下でも値上がりが続いている。その代表格といえば「金(ゴールド)」。しかし、その金を上回る勢いで高騰しているのが「銀(シルバー)」だ。しかも、金よりも「安全」ともいわれている。本当にそうなのか?

10年間で金は6倍、銀は9倍に高騰

米調査コンサルタント会社のCPMグループの調査によると、2001年から2011年までの10年間に金は6.36倍に値上がりした。一方で、銀は9.04倍も高騰している。その前の貴金属高騰期だった1993年から1996年までの3年間で金価格が28%上昇した時も、銀は63%と金を上回る値上がりをみせた。貴金属相場の上昇局面では、銀の方が「儲かる」のだ。

工業材料として多用される銀は、金よりも景気動向に左右されやすい。コロナ禍が収束して製造業が盛り返せば、さらに値上がりも期待できる。とはいえ「山高ければ谷深し」のたとえ通り、値下がり局面に入ると銀の下落率は金よりも大きい。

コロナショックを受けて、株価同様に貴金属相場も一時下落した。ダウ・ジョーンズ・マーケットデータによると、3月18日に先物終値の年初比で金が2.777%下落したのに対して、銀は34.177%も暴落した。

その後、8月5日には金が年初比で35.012%値上がりしているのに対し、銀は59.227%も高騰している。銀は単なる「ハイリスク・ハイリターン」商品にしか見えない。どこが「安全」なのか?