ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

原油先物価格マイナス、「買い」を入れれば大儲けできる?

alt

2020年4月20日、米ニューヨーク商業取引所で米国産WTI原油の先物価格(5月物)が一時1バレル(約117リットル)=−40.32ドル(約−4330円)まで下落し、同−37.63ドル(約−4040円)と史上初のマイナス価格で取引を終えた。つまり1バレルの「買い」を入れると、売り手から約4000円を支払ってもらえることになる。

マイナス価格の原油に「買い」を入れたら…

残念ながら、5月物の売買期限は4月21日。しかし、ガッカリする必要はない。6月物は現在+20ドル前後で取引されているが、期限の5月最終営業日に近づけばマイナス圏に陥る可能性もある。5月物は間に合わなかった人にも、まだチャンスはありそうだ。

もしも5月物と同程度のマイナス価格ならば、1万バレルばかり「買い」を入れれば4000万円の丸儲けではないか!確かにその通り。ただし、米オクラホマ州クッシングの貯蔵施設まで1万バレルの原油を引き取りに行ければ、の話だ。

そもそもWTI原油の先物価格がマイナスに転じたのは、同原油を貯蔵するクッシングのタンクに「空き」がなくなったから。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大の影響で世界経済が落ち込んでいるのに加えて、石油を消費するモノやヒトの移動が大幅に減少。にもかかわらずロシアと石油輸出国機構(OPEC)との減産交渉が長引いたことから、原油在庫が急増している。

「石油余り」で貯蔵施設も受け入れ余裕がなくなっている(Photo by Pim GMX)

NEXT STORY

Defending JAPANでみる 日本の「軍事的な脅威」

Defending JAPANでみる 日本の「軍事的な脅威」

2020/01/19

日本を取り巻く軍事的脅威について、主に在日米軍の視点から最新の映像でわかりやすく解説するビデオ番組「Defending JAPAN」。秘密のベールに包まれた在日米軍を取材し、最新の軍事技術と自衛隊との共同作戦を詳しく伝えるドキュメンタリー。