ご注意ください
この記事は公開から1年以上経っています。掲載されている情報は、公開当時のものです。

おお蔵を傘下に収めた「ゲオ」はM&A上級者だった

alt
セカンドストリートの店舗(ゲオホールディングスのニュースリリースより)

2002年からM&Aに着手

ゲオホールディングスは1986年に遠藤結城氏が愛知県豊田市にビデオレンタル店を開業したのが始まり。1989年に社名をゲオミルダに変更し「GEO」の屋号の使用を開始。2000年には大阪証券取引所ナスダック・ジャパン市場上場し、その2年後の2002年からM&Aに乗り出した。

2010年以降の東京証券取引所の適時開示情報を見ると、インターネットショップ運営のエイシスの子会社化(2010年5月)、ビデオ、DVD、CDのレンタル事業を手がけるウェアハウスの子会社化(2010年7月)、書籍販売やDVD、CDのレンタルなどを手がけるファミリーブックの子会社化(2013年12月)などがある。

M&A案件
2002 そうご電器を完全子会社化
2003 ロッキーを子会社化
2003 宝船を完全子会社化
2004 マツモト電器を完全子会社化
2008 フォー・ユーを子会社化
2008 ぽすれんを完全子会社化
2010 エイシスを完全子会社化
2010 ウェアハウスを子会社化
2010 セカンドストリートを完全子会社化
2013 ファミリーブックを完全子会社化
2014 グラモラックスを完全子会社化
2017 ワールドモバイルを子会社化
2017 チェルシーを子会社化
2019 おお蔵を子会社化


文:M&A online編集部

M&A Online編集部

M&Aをもっと身近に。

これが、M&A(企業の合併・買収)とM&Aにまつわる身近な情報をM&Aの専門家だけでなく、広く一般の方々にも提供するメディア、M&A Onlineのメッセージです。私たちに大切なことは、M&Aに対する正しい知識と判断基準を持つことだと考えています。M&A Onlineは、広くM&Aの情報を収集・発信しながら、日本の産業がM&Aによって力強さを増していく姿を、読者の皆様と一緒にしっかりと見届けていきたいと考えています。