米アップルに「超大型M&Aに乗り出す」説が急浮上している理由

※この記事は公開から1年以上経っています。
alt

「米アップルが超大型M&Aに乗り出すのではないか?」との観測が急浮上している。もちろんアップルがM&Aに手かずだったわけではない。記憶に新しいところでは2014年に、ヘッドフォンなどの音響機器を手がける米ビーツ・エレクトロニクスを30億ドル(約3345億円)で買収している...

この記事は会員専用です。
無料会員に登録して、今すぐ続きをチェックしよう!
会員登録をする(無料)

NEXT STORY

アクセスランキング

【総合】よく読まれている記事ベスト5